« 月詠 23話 | Main | まほらば 第10話 »

March 16, 2005

スターシップ・オペレーターズ 第11話

えーっと、王国軍の艦長は馬鹿なんでしょうか?
いつもは30分遅れの放送をLIVEに切り替えた時点で怪しいと思わないのかな。レーダーが死んでるわけでもないのに、放送から得られる情報だけで行動するなんてね。この時代(世界?)には、「メディアは嘘をつかない」という鉄則でもあるということなのでしょうか。現代の我々にとっては、「メディアは嘘をつく」なんて常識なんですけどね・・・え、ちがう?
ともあれ、アマテラスの迫真の演技に騙され、最も強敵と思われるショートワープする突撃艇を使う艦が撃破されてしまいました。あとは、おっとり刀で駆けつけた各艦(3隻)がアマテラスの非常識な旋回によってあっさりと葬られます。
あの旋回力の種がいまいち解らなかったんだけど、艦の擬似重力を発生させる装置を調整して、旋回時に発生する遠心力を相殺させたのかな?・・・結城技術仕官が超コンピューター的な努力がどうのと言ってましたが(^_^;)

それにしても、前回の恋人の死にもかかわらず健気にに頑張るシノンが痛々しかった。てっきり放心状態になって間のピンチに復活するみたいなベタな展開を予想していたのですがこの点は外れました。毎度のことですが、今回の作戦も彼女がほとんど立案したみたいです。
おかげで、香月艦長補の奇策は、敵の中でも有名になっているようですね。彼女の名を語る敵の多いこと・・・艦長の名は知らなかったりして(^_^;)

奇策でコンキスタドールとの1対1に持ち込んだものの満身創痍のアマテラス、まだ奥の手は残してるのかな?・・・話の筋からして、負ける事はありえないでしょう。
あと、二話で全部終るとも思えないので、セイからの補給を受けながら「戦いはまだまだ続く」的なラストを予想します!

公式サイト
AMAZON:スターシップオペレーターズ 1
AMAZON:スターシップオペレーターズ 2〈初回限定版〉

|

« 月詠 23話 | Main | まほらば 第10話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75906/3326108

Listed below are links to weblogs that reference スターシップ・オペレーターズ 第11話:

« 月詠 23話 | Main | まほらば 第10話 »