« SEED DESTINY 第28話「残る命散る命」 | Main | ツバサ・クロニクル 第4話「汚れなき放浪」 »

May 01, 2005

交響詩篇エウレカセブン 第3話「モーション・ブルー」

3話目ですが、相変わらすクオリティもテンションも高く、ワクワクしながら観ています。
一応、全50話予定のようなので、どっかで適当に力抜いてもらわないと、最後まで持たないかも・・・余計な心配でしょうか?

今回楽しかったのは、エウレカに「私の子供みたい」といわれたレントン。あわてて、愛読の雑誌を掘り出して「男の水平線」をチェックしてました。マニュアルばっかり気にしてると、逆にカッコ悪いことになってしまうことが多いんですけどね・・まあ、私もあの年頃の頃は、あの手の記事を気にしてたことは否定できませんが・・・。(「男の水平線」は今後も小ネタで使うのかな?)
後でわかることですが、ゲッコー号にはエウレカを「お母さん」と慕う子供たちが乗ってて、その子供たちみたいという趣旨の発言だったんじゃないかなと思います。あと、レントンは何か勘違いしてるみたいですが、あの子達が実の子供ってことは無いでしょう・・・無いよね?
とにかく、男として見られていないことにオーバーなアクションを加えて悩みまくるレントンの横で冷静に受け答えしているエウレカが良い味でした。エウレカは、レントンに似た人間と昔会ったと言ってましたが、それって「レントンの姉さん」ってことで間違いないでしょう。

「修行して、いつか爺ちゃんみたいなメカニックになろうと思うんだ!」というレントンでしたが、「ゲッコー号で人生修行してきて、帰ってきたらメカニックになる」という意味だったのに、爺ちゃんは今すぐ修行を始めて堅気な一生を送るものと大勘違い・・・なんか、違和感があったんだよね、位牌の前でのシーン。いや、ちょっと感動したんだけど・・・。
でも、今回も爺ちゃんはいい味出してました。
レントンには穏やかで平凡な人生を送ってもらいたかったが、「自分の血」を間違いなく引いている彼を誇りに思う気持ち。彼が成長して必ず帰ってくることを信じる気持ち。あちこち、矛盾してるけど、激しく感情移入できました。爺ちゃんの過去も気になるところですね。

今回、一番のアクション的な見せ場は、ゲッコー号の脱出シーンでしょうか。
滑走無しで、滑走路から落ちて(?)、その下にあるトラファーの波にのっちゃってました。まあ、理屈ヌキに熱いシーンでしたね。
パイロットのタルホがちょっぴり気になるかも・・・後で、レントンのほっぺつねってたし。

ニルバーシュとホランド以外は信じられないと言うエウレカ・・・レントンは彼女の心を開くことが出来るんでしょうか。あと、今後レントンを待ち受ける過酷な運命も気になるところですね。

最後の「姉さん、大変です・・」って・・・ねぇ(^_^;)

公式サイト
無料ブロードバンド放映

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):DAYS
EDテーマ・・・今期のアニメEDでは一番だと思う
AMAZON(MUSIC):秘密基地

AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1 UMDスペシャルパック (UMD Video)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 2 UMDスペシャルパック (UMD Video)
AMAZON(TOY):交響詩篇エウレカセブン トランスモデル ニルバーシュ

|

« SEED DESTINY 第28話「残る命散る命」 | Main | ツバサ・クロニクル 第4話「汚れなき放浪」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75906/3933146

Listed below are links to weblogs that reference 交響詩篇エウレカセブン 第3話「モーション・ブルー」:

» 交響詩篇エウレカセブン#3「モーション・ブルー」 [ferne Grun ■遥かなる緑■]
 AパートとBパートのメリハリが良い感じ。そしてギャグテイストが追加されつつも、落ちないクオリティに◎。  今までの逃げていた現実から、新たにそれと向かい合うことを決意するレントン。そして、じっちゃんとの別れの時が待っていた。「血は争えんな」とじっちゃん。けれどもなぜか嬉しそうだった。 「うちからは3人が飛び出していったが、レントンは戻ってくる」  孫の旅立ちを見届けるその姿。「なぜなら、レントン...... [Read More]

Tracked on May 01, 2005 at 05:27 PM

» エウレカ関連のトラバ集 [エウレカセブン レビュアーズ]
エウレカセブンレビュアーズです。http://blog.livedoor.jp/eureka_seven/ テーマごとのトラックバック先をご用意しています。有効にご活用くださればと願っています。 エウレカセブン関連の記事をやられておられるようなのでお知らせトラバ致しました。 当該記事はぶっ... [Read More]

Tracked on May 06, 2005 at 01:07 PM

» 交響詩篇エウレカセブン 第3話 「モーション・ブルー」 感想 [ラムモード]
今回の主人公レントンの迷言 「姉さん、大変です…!」 姉さん姉さんってお前は某ドラマの高嶋政伸演じるホテルマンかと(ry さて、個人的には結構面白くなってきたかもしれません。 トラバーの波に乗るゲッコーステイト(月光号)格好いい! あの波への乗り方とかが「彼らの..... [Read More]

Tracked on May 06, 2005 at 11:01 PM

« SEED DESTINY 第28話「残る命散る命」 | Main | ツバサ・クロニクル 第4話「汚れなき放浪」 »