« SEED DESTINY 第32話「ステラ」 | Main | 交響詩篇エウレカセブン 第7話「アブソリュート・ディフィート」 »

May 29, 2005

ツバサ・クロニクル 第8話「神の愛娘」

ふらふらとタンバル城の中に入ってしまったサクラとそれを追っていく小狼、二人が出会ったのは怪物と化してしまった街の人々でした。
醜い怪物になってしまった人々に何のためらいも無く手を差し伸べるサクラに、謎の球体(女性)が話し掛けますが、この球体ってチュニャンのお母さんだよね、きっと。回想シーンでもタンバルが「死んだ」と言ってるだけで、チュニャン本人が確認したわけではないようでしたしね。まあ、「お母さんが生きていた」的な展開の方がHAPPYで良いではないですか。

この世界の空汰と嵐が登場。モコナがしつこく質問攻めにしてこっちの二人もラブラブであると判明・・・ようは、住んでる環境が違うだけで中身は一緒ってことらしい。でも、この2人は侑子(次元の魔女)の知り合いではないみたい。
まあ、2人に会いに行った一番の理由、「城攻めの説得」が失敗し、街の人を動員しての城攻めが無くなって黒鋼は残念そうでした。もうしばらく屋根修理でしょうかね。

モコナは、チュニャンの頭の上が気にいったらしい。まあ、観てる方としても絵にはなるので、良いことなんだけどね。そういや、ちっちゃい女の子の頭の上に乗る小動物ってシチュエーション結構ありますよね。

次回は、城に閉じ込められた人たちの救出かな?
なんか、淡々と進みすぎて深く感想書くことない気がします・・・決してつまらないわけではないけどね。

公式サイト

DVD第1巻は8/26発売です。(予約可)
AMAZON(DVD):ツバサ・クロニクル Vol.1

AMAZON(MUSIC):NHKアニメーション 「ツバサ・クロニクル」 オリジナルサウンドトラック Future Soundscape I (初回限定盤)

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):BLAZE
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):ループ

|

« SEED DESTINY 第32話「ステラ」 | Main | 交響詩篇エウレカセブン 第7話「アブソリュート・ディフィート」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75906/4326453

Listed below are links to weblogs that reference ツバサ・クロニクル 第8話「神の愛娘」:

« SEED DESTINY 第32話「ステラ」 | Main | 交響詩篇エウレカセブン 第7話「アブソリュート・ディフィート」 »