« ツバサ・クロニクル 第8話「神の愛娘」 | Main | まほらば 第22話「大事・・・」 »

May 29, 2005

交響詩篇エウレカセブン 第7話「アブソリュート・ディフィート」

レントンのいじられ話・・に、見せかけたムーンドギーのお話でもありましたね。
レントンがやってくるまでは、メンバーのいじられ役だったムーンドギーだったようですが、今ではその座をレントンに奪われ不満だった様子。でも結局最後は、レントンのいろんな意味での凄さ(?)に根負けして彼を認めたようです。しかし、あんな訛りの強いキャラだったんですね、ムーンドギー。
でも、初っ端から視聴者にまでレントンが騙されてるのバレバレでした。いったいどうやったら、「さっぱり豚骨味のラーメン」で街が崩壊するのやら。レントン君は素直すぎです・・・まあ、それが彼のいいところなんですが。

偶然のなりゆきですが、カメラの前で「例え世界中を敵に回したって、エウレカの力になる!」と胸の内を宣言したレントン。普段は頼りない少年ですが、時々こういう力のある言葉を吐く彼が好きです。こんな彼だから、メンバーも今回の負けを認めたんでしょう・・・十分楽しんだみたいですけどね(^_^;)
結局、エウレカに「レントンって凄いね」と言われて喜ぶレントンの姿を見てなんかこっちまで嬉しくなってしまいました。ただ、エウレカも部分的に勘違いしてるような気はしますが、レントンは喜んでるので良しとしときましょう。

まあ、月光号のなかでバカ騒ぎしている裏では世界が動き出している様子。敵の呼称らしい「コーラリアン」って単語が出てきましたが、手強い相手らしいといったこと以上はわかりませんでした。レントンの父ちゃんやホランドが関わっていた件に関係あることは、デューイ中佐が出張ってる時点で間違いないでしょう。背後にどんな謎を用意してくれているのか、今から楽しみです。

最後、レントンの録画を見て「ダサいな、俺」と呟くホランド。どんな想いがよぎったんでしょうかね。

既に7話まで来ましたが、未だに手を抜いた話に出会いません。本当にこのままのテンションで最後まで行けるのでしょうか?・・・楽しみなような不安なような。
とりあえず、今やってるアニメで一押しであることに間違いはないです!!・・・まだ観てない人がいたら皆で薦めましょう(^_-)

<おまけ画像>
eurekaHGIFエウレカセブン(ガチャポン)をコンプリートしました。200円でこれなら買いです!・・・「運」の要素が多分にありますが(^_^;)

公式サイト
ブロードバンド放映

トラックバック先:エウレカセブン レビュアーズ

DVD第1巻は7/22発売!(予約可)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1 UMDスペシャルパック (UMD Video)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 2 UMDスペシャルパック (UMD Video)

劇中によく出てくる本です。
AMAZON(BOOK):初版金枝篇 (上)
AMAZON(BOOK):初版金枝篇 (下)
AMAZON(BOOK):図説 金枝篇
※ 私自身は未読ですが、某作品中での死海文書みたいなもんなのかな?

AMAZON(TOY):交響詩篇エウレカセブン トランスモデル ニルバーシュ

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):DAYS
EDテーマ・・・今期のアニメEDでは一番だと思う
AMAZON(MUSIC):秘密基地

|

« ツバサ・クロニクル 第8話「神の愛娘」 | Main | まほらば 第22話「大事・・・」 »

Comments

※以下のおネム様からのコメントには放送前のネタバレを含んでいます。気にする方は注意してください。(管理人:ずびん)


アドロック
アゲハ計画の元責任者、人間をコーラリアンと昇華する理論を展開させるが、本人は慎重に理論を封印した。デューイの単独実験により暴走したトラパーを停止させるために死去。

サマー・オブ・ラブ
トラパーの以上増加、複数のセブンスヴェルの同時多発によって
世界規模の対流現象になったもの。

アゲハ計画
コーラリアンに「人間として」対抗するために立てられた計画名。

エウレカ
アゲハ計画の実践によって生成されたLFOと人間の中間(人間寄り)
生成触媒はレントンの姉。

アネモネ
同じくアゲハ計画によって生成された。触媒はホランドの妹。

ホランド
恋人であるレントンの姉と、
妹をデューイの独断によるアゲハ計画の実地によって失う。
レントンの姉の言葉を思い出し、LFOとの共存方法を見つけるために軍をでる。

セブンスウェル
人間がLFOと一体となったときに起こるトラパーの爆発的現象。
アゲハ計画実施時に複数の人間がコーラリアンになる。
人間として生成されたのは「エウレカ」と「アネモネ」そして「ファーゴ」のみ。

LFO
魂を通わせた機械として伝説上の兵器。
ニルヴァーシュ・・・「原始の一機」として発掘された。系統をたどると、すべてのLFOがたどり着く。

デューイ
アドロックの元でホランドとともにアゲハ計画に携わっていたが、
独断的なアゲハ計画の実行→サマー・オブ・ラブの発生、アドロックの死亡の責を負う。
しかしアゲハ計画実行時のデータを知る唯一の人間であるので、処刑されず幽閉。
データはホランドがエウレカとともに持ち出す。

コーラリアン3賢人が人類の「敵」と見なしている機械と人間の中間生命体(LFO寄り)。
LFOと融合し新たな存在となった古代の人間。

魂魄ドライブ
人間と機械の仲立ち。エウレカへの扉を開く。

Posted by: おネム | May 31, 2005 at 12:23 PM

おネムさん、コメントありがとうございます。
当ブログは、ネタバレに関しては寛容な運用方針ですが、放送前の内容を含んでましたので、勝手ながら注意文を追加させていただきました。

Posted by: ずびん | May 31, 2005 at 02:27 PM

初めまして。僕もエウレカセブン大好きです。今やっているアニメで一押し、むしろ近年稀にみる傑作として全力押しまくってます。

僕は少年とは絶対に言えない、青年とも微妙な年頃になりましたが、だからこそ、レントンと同じ年代の少年少女の心の中に燦然と輝く星であり続けてほしいと思います。

本当ッ、最後までこのテンションで突き抜けていってほしいですね!

僕もガチャをやったのですが、ホランド、エウレカ、タルホをゲットしたところで、戦略的撤退をしてしまいました。コンプリートを達成したずびんさんは男だと思います。

Posted by: 零無 | June 13, 2005 at 09:49 PM

零無(れいむ?)さん、コメントありがとうございます。
ガチャガチャは、実はちょっとだけ友人に協力してもらったりしてます。その友人はタルホ姉さんを3体ゲットしたもののコンプリート出来ていないそうです・・・ある意味、漢ですね(^_^;)
今後も何かあったらコメントよろしくお願いします!

Posted by: ずびん | June 15, 2005 at 12:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75906/4326471

Listed below are links to weblogs that reference 交響詩篇エウレカセブン 第7話「アブソリュート・ディフィート」:

» エウレカセブン7話感想 [月の砂漠のあしあと]
 動き出したナゾの「敵」ゲッコーステイトの暢気な日常とは裏腹に、確実に事態は動き始めているようです。こういう話もそろそろ見納めになるかもしれません。 [Read More]

Tracked on May 30, 2005 at 04:43 PM

» 「メジャー」&「ツバサ・クロニクル」&「エウレカセブン」 [♪せおの時間日記♪]
 「メジャー」(吾郎の愛 おとさんの愛)  再放送で初めて第1話を観ましたよ〜。1話目にしては、おかさんの死、おとさんのケガと苦悩、桃子先生とゴローの関係などなど、見どころいっぱいだったのではないでしょうか。5歳のゴローは、おませちゃんっぽいっすね。(^^) いろいろ達者な口で説明してくれて、よく状況がわかったよ〜。「おとさんを辞めさせないで」と願い泣くゴローに、ちょいとほろりときちゃいました。�... [Read More]

Tracked on May 30, 2005 at 11:45 PM

» エウレカセブンと雪の女王 感想 [−SEED・エスカフローネに愛を注ぐ−]
今回はエウレカセブンと雪の女王の感想です。 エウレカセブン「アブソリュート・ディフィート」  (誰か意味教えて…) ・なにやら冒頭に事件が起きてました。 レントンやエウレカがいい性格で、周りのキャラクターも個性的でおもしろくて人間関係とかが楽しくていいアニメだなぁって思ってみてたんですけど、 そういえば、このアニメもロボットものだったな!って思い�... [Read More]

Tracked on May 31, 2005 at 09:10 PM

« ツバサ・クロニクル 第8話「神の愛娘」 | Main | まほらば 第22話「大事・・・」 »