« ツバサ・クロニクル 第7話「砕けたカタミ」 | Main | まほらば 第21話「親・子」 »

May 22, 2005

交響詩篇エウレカセブン 第6話「チャイルドフッド」

エウレカの子供達とレントンの対立と和解のお話でした。
ママ(エウレカ)を盗られたくない一心でレントンを追い出しにかかる子供達なんですが、レントンは執拗な攻撃に対して「エウレカの子供」ということを意識し過ぎ、思うように反撃が出来ません。結果的に同レベル(下手をすると下のレベル)での張り合いになってしまって、その理由を考えて叱ってやることが出来ませんでした。まあ、そのことが子供達と解りあえなかった主な原因だったと思うんですけどね。
だから、子供たちのエウレカに対する想いと、かつての自分が姉さん(ダイアン)に抱いていた想いに共通点があることに気付いたレントンが、子供達の側に立って事件を解決することで最後に彼らの共感を得られたんじゃないかと思います。(まあ、今後も少なからず攻撃は受けるのでしょうが・・)

今回、小道具として「リフ用のワックス」なる物が登場してましたが、これってどんなもんなんでしょうか?
リフって言うのは、空気中に分布しているトラパーという謎(?)の粒子にサーフィンみたいにして乗るスポーツだから、このワックスはトラパーをはじくような性質を持ってるんですかね。
で、この世界のレーダーはトラパーの乱れのようなものを捉えるもののようなので、レーダーサイトに「リフ用のワックス」をぶちまけることで、レーダーをかく乱出来たんだと思います。
いや、これはあくまで想像なので、実際の設定とかはどうなってるのでしょうか?

軍との戦闘シーンで、ニルバーシュのコックピットに飛び込む(落ちてくる?)エウレカを受け止めるレントンでしたが、これと逆のシーンが第2話にありましたね。後ろ側に座った方が、抱きしめるとこまでそっくりだったような・・・レントンにとっては思わぬ幸運だったようですが。
レントンとエウレカが乗ると、ニルバーシュの動きが格段に違って見えるようで、ホランドも唸ってました。
それはともかく、リフを使った戦闘シーンって改めてカッコイイと思いました。このアイデアを思いついた人は天才です!!

結果的にレントンは、無断出撃の罰で営倉入りになってしまいます。
図らずも同時期に放送された「某ガンダムの派生作品」では、明らかな軍規違反で営倉入りされた主人公が、大した罰も無く無罪放免された結果、無反省になってしまい上官に反抗までしてしまいます。
逆に、この作品では、自分の非をみとめたおチビちゃん達までが、「キチンと罰を受けたい」と自ら営倉に入ってきます。
ここの部分だけの比較ですが、なんか作品の方向性というか格の違いみたいなものを感じずにはいられません。(もちろん世界観が違うし、ゲッコーステイトと軍隊でも違うことがあるとは思いますけど・・・)
ホランドも言ってますが、子供達には「悪いことをしたらキチンと叱ってやる存在」が必要なんだと思います。
更に深く読むと、今の日本の親子関係に対する警鐘も含んでるんでしょうか。(まだ、親になった経験が無いので、私自身には緊迫感薄いですけどね。)

エウレカの「大人だから?男だから?」との問いに「レントン・サーストンだからかな・・」って答えてましたが、これを自信をもって言えるようになったら一人前の男だね、レントン君。私は、未だに自信持っていえませんけど・・・。

公式サイト
ブロードバンド放映

トラックバック先:エウレカセブン レビュアーズ

DVD第1巻は7/22発売!(予約可)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1 UMDスペシャルパック (UMD Video)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 2 UMDスペシャルパック (UMD Video)

ホランドが劇中で読んでいた本です。
AMAZON(BOOK):初版金枝篇 (上)
AMAZON(BOOK):初版金枝篇 (下)
AMAZON(BOOK):図説 金枝篇
※ 私自身は未読ですが、某作品中での死海文書みたいなもんなのかな?

AMAZON(TOY):交響詩篇エウレカセブン トランスモデル ニルバーシュ

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):DAYS
EDテーマ・・・今期のアニメEDでは一番だと思う
AMAZON(MUSIC):秘密基地

|

« ツバサ・クロニクル 第7話「砕けたカタミ」 | Main | まほらば 第21話「親・子」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 交響詩篇エウレカセブン 第6話「チャイルドフッド」:

» 交響詩篇エウレカセブン 今週は短めで 第06話 チャイルドフッド [『日々見聞きしたもの…。』]
前の2つの記事に書いた通り諸事情により、今週は簡易版です。今回のメインは、レントンとエウレカの3人の子供達(名前が覚えられない…、モーリス・メーテル・リンク)の関係の構築でしたね。これからは、良い関係で過ごせるようになるのかな^^今回の頭で、イタズラする3人に対してエ... [Read More]

Tracked on May 22, 2005 03:25 PM

» エウレカセブン#6「チャイルドフッド」 [ferne Grun ■遥かなる緑■]
 タイトル通り子どもたちのお話。レントンと、エウレカと、3人の子どもたち。  子どもたちはレントンに対して宣戦布告。いたずらを繰り返す日々です。なんとかしたいレントンだけれど、あのエウレカの子どもとあっては強くは出られずじまい。けれどレントンにも思い当たる点があった。自分が姉さんにしてきたことの記憶が蘇る。子どもたちの本心は、エウレカをレントンにとられたくないだけだったのだ。  そんないたずらがだ...... [Read More]

Tracked on May 22, 2005 05:05 PM

» 交響詩篇エウレカセブン 6話「チャイルドフッド」 [* Happy Music *]
今回は、チビッ子3人組とレントンの話ね。まあ、前回の予告で分かってたけどな(苦笑)レントンってば、チビッ子連中に良いように遊ばれてるなー。可哀相に。でも、エウレカのこと好きな彼は、子供達の事怒れなくて。そして、また悪戯されて梯子から落とされるレントン。本当に悪循環だな... [Read More]

Tracked on May 22, 2005 05:19 PM

» エウレカセブン6話感想 [月の砂漠のあしあと]
 今回はレントンとエウレカチルドレンズ(略してエウチル)の戦いの日々です。キッズウォー!    朝起きた瞬間からすでに、エウチルの攻撃を受けるレントン。各所に迷惑を掛けつつ、猛然と月光号を駆けるレントン。求めるモノはただ一つ!にっくき敵の姿です。倉庫と思... [Read More]

Tracked on May 23, 2005 01:23 AM

» エウレカセブン #06 「チャイルドフッド」 [師匠の不定期日記]
やっぱアレですね。エウレカセブンは面白いということで。先週はタルホ姉さんに散々引っ張り回されたレントンですが、今回はお子様3人との攻防戦と、関係の改善が今回のお話。えと、エウレカとは全然関係ない話ですが。今日は、仕事⇒飯⇒仕事⇒夕方(雨の中)プラモのツール..... [Read More]

Tracked on May 23, 2005 05:26 AM

» 交響詩篇エウレカセブン 第06話 「チャイルドフッド」 [吠刀光]
 この回はカツレツキッカと和解する話。 ついでに営倉の正しい扱い方についても学ぶことが出来ます。  つづく!→ [Read More]

Tracked on May 24, 2005 03:19 AM

» 交響詩篇エウレカセブン 第06話【チャイルドフット】 [EL CLASICO]
テントで目覚めたレントン君. 突然「うぁーー!!」と叫んだと思ったら....走る 走る ゲッコー号の中を走る! あ,タルホさん グラビア撮影してる!倉庫っぽい所で.... どうやらちびっ子たちに顔に落書きをされたみたい. しかし,すごいイタズラするなぁ...ちびっ子た... [Read More]

Tracked on May 24, 2005 07:55 AM

» 強いでも凄いでもなく、“格好良い”大人 [アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)]
腹が治った後は、風邪をひきました…。   シードディステニーを見る。調子に乗るシンさんと凹むアスランさん。この二人はギロロ伍長あたりに精神を鍛え直してもらった方が良いよ。(特に打たれ弱いアスランは)噂のデストロイ登場ですが、ビグザム、サイコガンダムほ... [Read More]

Tracked on May 24, 2005 11:38 PM

» 交響詩篇エウレカセブン 第6話 「チャイルドフッド」 感想 [ラムモード]
今更どことなくアムドライバーに似ているとか言えない、そんなエウレカセブンです(謎 [Read More]

Tracked on May 29, 2005 03:30 AM

« ツバサ・クロニクル 第7話「砕けたカタミ」 | Main | まほらば 第21話「親・子」 »