« ツバサ・クロニクル 第11話「選ばれたアシタ」 | Main | 機動戦士Zガンダム~星を継ぐ者~ 2度目鑑賞 »

June 19, 2005

交響詩篇エウレカセブン 第10話「ハイアー・ザン・ザ・サン」

とにかく、「無重力最高!」ってことで・・・今回は、エウレカがレントンに密着するシーンか多かった気がします。当のエウレカは、そういう気持ちじゃないんだろうけど、多感なお年頃のレントンには(嬉しい意味で・・)辛抱たまらないことの連続だったようです。何故か、チビ達の邪魔も入りませんでしたしね。
でもちょっと気になるのは、無重力状態の時の「このとき僕が理解していれば・・・」というレントンの回想のような台詞です。まさか、早々にヒロイン退場(交代?)なんてことは無いですよね。エウレカに不安そうな表情が多くなったし・・エウレカびいきな私にとっては、非常に嫌な予感がします。

前回に引き続き、憂鬱モードのホランドですがタルホの寝言「しっかりしてよ、レントン・・」で更に突き落とされた感じ。レントンはやきもち焼くほどの相手じゃないはずだし、何であんなに落ち込んだのか今のところ私には意味不明です。
で、星(よく設定を思い出すとここって地球じゃないんだよね・・)の反対側に都合よく大波が来ると言うので、今回の見せ場「Higher than the SUN!」となるわけです。つまりは、エンジン全開で大気圏外に弾道飛行するという荒業なわけですが、これはどうもタルホの操縦技術無しでは出来ないみたいです。皆さん、彼女のご機嫌を伺ってましたしね。
まあそれ故に、わざと目的地とは異なるホランドとタルホに縁(ゆかり)の何とかって空軍基地跡に連れていかてしまったわけですが・・・。

回想シーン、部屋で待ってたのはタルホの方、そこに入ってきたホランドに対して「連れてって、私をさらって・・ホランド」という彼女・・・前後の説明が無いので、いまいちよくわかんないですね。タルホの着てた服(レントンの焦がしたやつ)は、一般兵用の軍服っぽい気がするけど。
ホランドの態度からすると、タルホも絡むことで「逃げたい」ほど重荷になることがあるみたいですけど・・・。レントンの父さんや姉さんに絡む一連の話の一部ってことなんでしょうかね。

オープニングにもチラッと出てる、鼻血少女のアネモネが登場しました。彼女、目や肌の色からするとエウレカと同類なんでしょう。敵側のエースとして登場しそうな気配です。

しかし、あの廃墟にどうやってピザーラの出前頼んだんでしょうね、ドギー兄さんは(^_^;)

公式サイト
ブロードバンド放映

トラックバック先:エウレカセブン レビュアーズ

DVD第1巻は7/22発売!(予約可)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1 UMDスペシャルパック (UMD Video)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 2 UMDスペシャルパック (UMD Video)

劇中によく出てくる本です。
AMAZON(BOOK):初版金枝篇 (上)
AMAZON(BOOK):初版金枝篇 (下)
AMAZON(BOOK):図説 金枝篇
※ 私自身は未読ですが、某作品中での死海文書みたいなもんなのかな?

AMAZON(TOY):交響詩篇エウレカセブン トランスモデル ニルバーシュ

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):DAYS
EDテーマ・・・今期のアニメEDでは一番だと思う
AMAZON(MUSIC):秘密基地

|

« ツバサ・クロニクル 第11話「選ばれたアシタ」 | Main | 機動戦士Zガンダム~星を継ぐ者~ 2度目鑑賞 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75906/4620851

Listed below are links to weblogs that reference 交響詩篇エウレカセブン 第10話「ハイアー・ザン・ザ・サン」:

» エウレカセブン♯10 [宇宙世紀2005]
<font color=black size=4><b>ハイアー・ザン・ザ・サン</b></font> <font size=2>うはぁ、今日は朝からドッキドキですよ! 朝っぱらから、何ドキドキさせてくれてるんですか! 今週もおもしろい回でした 今回はホランドの夢の中から始まります LFO時代の夢(悪夢)にうなされるホランド あのことは、やはり今でもホランドを苦しめてるんですね それを象徴させるシーンか..... [Read More]

Tracked on June 19, 2005 at 10:41 PM

» エウレカセブン10話感想 [月の砂漠のあしあと]
 男は逃れたいと願った、逃れようと走った。逃れようと空を飛んだ・・・・・・しかし、どこまでも、どこまでも、『それ』は男を捕えて逃すことはない。人は己の影からは決して逃れることは出来ないのだから。  男の足元から伸びる影法師が男を哂い、呪う。耳元で奏でられ... [Read More]

Tracked on June 20, 2005 at 02:18 AM

» 交響詩篇エウレカセブン EPISODE NO.10 ”ハイアー・ザン・ザ・サン” 感想 [リコテキイニシアチブ]
地殻変動に伴って、トラパーの大量噴出が星の裏側で起こるという。ゲッコーステイトは、リフを楽しもうと、弾道飛行を決行する。ところが、辿り着いたのは、連邦軍のマナアキ基地のあった場所。そこは、タルホとホランドにとって忘れ得ぬ、宿命の土地だった。自らの過去の残..... [Read More]

Tracked on June 20, 2005 at 07:41 PM

» でも、でも今、これだけは言わせて欲しい! 無重力万歳!!(エウレカ#10) [八変堂]
エウレカセブン#10「ハイアー・ザン・ザ・ザン」を見る。 前から気にはなってたんだけど、レントンって、自分を「オレ」と「ボク」って言うよね。 これが、ドギマギしてると変わるとかそういうのじゃなくて、一人ナレーションでも、変わるんですよね。 お姉さん宛.... [Read More]

Tracked on June 21, 2005 at 01:43 AM

» 交響詩篇 エウレカセブン 第10話 『ハイアー・ザン・ザ・サン』 [俺のものはきみのもの、きみのものは君のもの]
交響詩篇 エウレカセブン 第10話 『ハイアー・ザン・ザ・サン』 製作:MBS(毎日放送)、ProjectEUREKA、ボンズ 原作:ボンズ プロデューサー:竹田青滋(MBS)、南雅彦(ボンズ) 監督:京田知己 シリーズ構成:佐藤大 キャラクターデザイン:吉田健一 メインメカ... [Read More]

Tracked on June 23, 2005 at 02:41 AM

« ツバサ・クロニクル 第11話「選ばれたアシタ」 | Main | 機動戦士Zガンダム~星を継ぐ者~ 2度目鑑賞 »