« ツバサ・クロニクル 第15話「信じるココロ」 | Main | 交響詩篇エウレカセブン 第14話「メモリー・バンド」 »

July 17, 2005

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

横浜の109シネマズMM横浜へ観にいってきました。
ここでは3スクリーンで上映してましたが、私の観たスクリーンは8~9割の入りって感じでした。上映劇場数が多いからかもしれないけど、思ったほど興行収入は伸びないかも知れないですね。

で、内容ですが、悪くは無いけど痛快な映画では無かったなというのが正直な感想です。
アナキンが、パルパティーン(=シスの暗黒郷)にそそのかされて、坂道を転げ落ちるようにダークサイドに流されていく様は、そうなることがわかってはいたものの見てて辛いものがありました。行くとこまで行った彼はジェダイ騎士団殲滅の時には、騎士の卵の子供まで容赦なく殺害してしまいます・・・流石にそのシーンは流れませんでしたけど。
結局、落ち始めた動機はパドメと生まれてくる子供(後のルークとレイア)を救いたいということだったんだけど、パドメの寿命を縮めたのは自分自身という結果になってしまった感じなんですよね・・・皮肉なものです。
最後、オビワンに両足を切断され火山の炎で徐々に全身を焼かれていく姿は、鬼気迫るものがあリ背筋に寒い物を感じました。このとき、オビワンがトドメを刺しておけば銀河を震撼させたあのダース・ベイダーは誕生せず今後の因縁は無かったと思うのですが、それでは話が続かないのでこれはこれで良いのでしょう。

あと、ヨーダとチューバッカが実は知り合い(戦友かな?)だったのはちょっぴりビックリしました。
あと、ルークの義理の両親は、アナキンの母さん(シミ)が後妻に入った男の息子夫婦だったみたいですね・・・ちょっぴり複雑な人間関係(^_^;)

私の頭が悪いのか、銀河共和国の中での元老院とジェダイ騎士団の関係とか、未だにわかってない部分があったりします。ただ、エピソード1と2を観た人は、せっかくなので観といたほうが良い映画だと思います。これ一本では、特に深い意味は無いけど、この後の話につなげるという意味では興味深い作品でした。(ガンダムで言うとファーストとZの間にある0083スターダストメモリーってとこかな?)

公式サイト:STAR WARS Japan

エピソード3を観て↓(EP4から6までのDVD-BOX)を買うと1000円キャシュバックのキャンペーン中!!
AMAZON(DVD):スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX

エピソード2と3の間を埋めるアニメーション作品です。
AMAZON(DVD):スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE

|

« ツバサ・クロニクル 第15話「信じるココロ」 | Main | 交響詩篇エウレカセブン 第14話「メモリー・バンド」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75906/5004303

Listed below are links to weblogs that reference スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐:

« ツバサ・クロニクル 第15話「信じるココロ」 | Main | 交響詩篇エウレカセブン 第14話「メモリー・バンド」 »