« March 13, 2005 - March 19, 2005 | Main | March 27, 2005 - April 2, 2005 »

March 26, 2005

天地無用!魎皇鬼 第三期 1~6話

正直、この第三期シリーズは観続けていくうちに「大丈夫なのか?」と、どんどん不安になっていきましたが、最終巻である6巻で「なるほど」と納得しました。
要するに、1~5巻は小説「真・天地無用!」やTVアニメ「天地無用!GXP」を観ていない人たちへの補完の意味があったのではないかということです。(瀬戸様やアイリ様や福ちゃんはOVAだけ観てる人は知らないよね・・・)
そう思って、もう一度1巻から観直してみると当初感じていたストレスもなく鑑賞できるから不思議なものです。
それにしても、6巻での登場人物の皆さんの目・・・怖い(>_<)

以下、気になった事柄を淡々と述べさせていただきます。

「ノイケが、神我人?」
6巻でノイケ(少女)の「私だって神我人なのに・・・」という台詞がありました。神我人は、鷲羽の学生時代の親友のクローンという設定がありますが、そのクローンは1体ではなかったということでしょう。ノイケがどういった因果かZに(部分的に)操られていたことを考えると、第一期でも何かしらZが裏で糸を引いていた(神我人操っていた?)のでは・・・と考えられないことも無いです。
そんなことよりも、ノイケって性格の歪まなかったイネスさん(「機動戦艦ナデシコ」より)じゃん・・・と思いませんでした?

「何故、あそこで美砂樹が?」
津名魅(=砂沙美)が「かあ様」と呼んでいることから、反作用体=美砂樹だったものと思われます。美砂樹は樹雷皇家のなかでも突然変異的に戦闘力が高いという設定があったと思うのですが何か関係あるのでしょう。反作用体には、「訪希深」「津名魅」「鷲羽」ら「三命の頂神」の力によって生じた歪みを修正する、もしくは歪むのを防ぐ役目があるのではないかと思います。いわゆる、「更に高位の存在」によって造られたのでしょうか?

「彼女らは何をしたかった?」
彼女たちは、「三命の頂神」(=絶対神)である自らの存在に疑問(不安?)を持ち、自分たちにも理解できないもの(=より高位の存在)があることを証明したかった。
訪希深・・・混沌を生じさせることで、自らの論理に無い存在を生み出したかった。→Z
津名魅・・・樹雷(樹と人の融合?)という存在から、新しい可能性を生じさせようとした。→天地
鷲羽・・・自ら低位の存在としてやり直すことで、異なる可能性を見出したかった。→天地

「Zの目的は?」
訪希深への復讐ですかね?彼女の「試し」のために家族や知り合いを全て失ったようですから・・・。
天地を殺そうとしたのも、自分より高位になる可能性のある存在がいると目的のために不都合だから、といったところでしょう。天地が死んでも、「三命の頂神」の力で与えることの出来ない「光鷹翼」を失うだけで、完璧に再生できることを知っての行動ですから意外といい奴だったのかもしれません。

「結局何が変わった?」
覚醒したZが存在しない世界を第三期の1話からやり直すだけで、ほとんど変わりないんじゃないでしょうか。ノイケと福ちゃんの悪さ(?)で、美咲生はやっぱりやってくることになりそうですし・・・。
ん、でもあのメールが無くてもノイケは天地と出会えるような気もしますが・・・きっと、裏では何かしら影響があったんでしょうね(^_^;)
でも確か、最終的には天地が誰か一人を選ぶようになるような事を聞いていたのですが、ガセだったのかなぁ?(まさか、あれで美砂樹を選んだなんて事ではないよね??)

後日談となると思われる天地無用!魎皇鬼 第三期 +1話(プラスワン)の発売が決定したようです。
裏設定やら何やらは、そういうのが好きな人(私も含みますが・・・)用に小説でも出していただければいいので、「普通の日常がエンドレスで続く・・」的な内容だといいな。特に、誰か一人を選ぶとかでは無い方が私は好きです。

公式サイト

AMAZON(DVD):天地無用!魎皇鬼 第三期6
AMAZON(MUSIC):天地無用!魎皇鬼 音楽集~第三期シリーズ・其の一
AMAZON(DVD):デュアル!ぱられルンルン物語 DVD-BOX[d’ash]
AMAZON(DVD):天地無用!GXP Vol.1
AMAZON(BOOK):真・天地無用!魎皇鬼〈1〉樹雷
AMAZON(BOOK):真・天地無用!魎皇鬼〈2の巻〉遙照
AMAZON(BOOK):真・天地無用!魎皇鬼〈参の巻〉鷲羽
AMAZON(BOOK):天地無用!GXP〈1〉―真・天地無用!魎皇鬼外伝
AMAZON(BOOK):天地無用!解体真書―天地無用!101の謎

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005年4月開始アニメ

今年の4月から始まる新作の中で私の注目しているものです。
このうちいくつ感想書けるだろうか・・・。
コメント追加

4/2(土)10:00~ TV東京
ふしぎ星の☆ふたご姫
コメント:
佐藤順一(総監督)の最新作です。
たまにこういうのを見るとストレス発散になります。

4/4(月)25:00~ TV東京
創聖のアクエリオン
コメント:
河森正治(原作・監督)&大野木寛(シリーズ構成・脚本)の作品です。「マクロスゼロ」ではちょっとがっかりさせられたので今度こそは・・・。
あと、音楽が菅野よう子です。

4/5(火)18:00~ TV東京
EREMENTAR GERAD
コメント:
何となく気になってます・・。
対戦格闘ゲームが出るみたいだからそっち系のお話なのかな?

4/5(火)25:59~ 日本TV
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG
コメント:
1stとは違って、押井守が関わってます。そこんとこが、賛否分かれるらしいです。

4/6(水)25:30~ TV東京
極上生徒会
コメント:
黒田洋介(シリーズ構成・脚本)です。最近、往年のキレが無いような気がするので、ここで一発お願いします!

4/7(木)24:30~ BS-i
これが私の御主人様
コメント:
まあ、個人的な趣味です・・・。

4/7(木)26:40~ TV朝日
スピードグラファー
コメント:
アダルトなお話になるのかな?地上波だからそれほど常軌を逸することは無いでしょうけど・・・。
GONZO制作です。

4/9(土)18:30~ NHK教育
ツバサ・クロニクル
コメント:
CLAMP(原作)、真下耕一(監督)、ビィートレイン(制作)・・・嵐の予感(^_^;)
ED曲「ループ」(←試聴可)を坂本真綾が歌います。
AMAZON(MUSIC):ループ(5/11発売・予約受付中)

4/17(日)7:00~ TBS
交響詩篇 エウレカセブン
コメント:
ここにも河森正治が関わってますが、メカデザインのみなのでこっちの方が期待大かも。
ボンズ制作です。京田監督は、劇場版「ラーゼフォン」の監督さんでした。

4/28(木)24:00~ WOWOW(無料)
トリニティ・ブラッド
コメント:
凄く良いか悪いかのどっちかでしょう。前々節にやってた「グレネーダー」みたくならなければいいけど。
GONZO制作です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 24, 2005

JINKI:エクステンド 第12話(最終話)

あれ、全13話じゃなかったの?・・・とか思いましたが最終回です。

なんだか、都合よくモリビト2号の隠し機能が発揮されて、赤緒のジンキを倒してしまいました。しかも大爆発!と思いきや、青葉の意志の力(?)で収束して赤緒と青葉共に無事という結末でした。
なんか、派手な戦闘シーンの割には、熱くなかったなあ・・・。

エピローグ部で、「広世らしき男の子と一緒に静花らしき女性の元に見舞いに行く青葉」の姿が描かれていましたが、情報不足で何のことやらよくわからなかったです。あの、大爆発の間に何かが変わったってことなのかもしれませんけど・・・。

美少女、メカ、世界観、音楽と素材的には申し分のなかった本作ですが、肝心の構成が最後まで赤点でしたね(>_<)
物語が散漫すぎて、強く心に残るシーンがほとんど無かったです。
・・・・でも、不思議と何かが好きでしたよ、私は。

なにか、釈然としないのでこれから原作読んでみようと思います。

「to be extended」・・・「まだまだ続く」ってことなのか?(もちろん、アニメは終わりですが・・・)

<おまけ画像>
aobaスターチャイルドコレクション2の「青葉」です。
コレ一個捕るために赤緒を何個出したことやら・・・。
↓コレとは違うけど・・・
SRDX ジンキ・エクステンド 津崎青葉

公式サイト

AMAZON(DVD):JINKI EXTEND Phase 01
AMAZON(DVD):JINKI:EXTEND Phase 02
AMAZON(DVD):JINKI EXTEND Phase 03
AMAZON(DVD):JINKI EXTEND Phase 04
AMAZON(DVD):JINKI EXTEND Phase 05

~総額1500円以上で送料無料です~
AMAZON(コミック):
ジンキ~人機~ 1 (1)
ジンキ~人機~ 2 (2)
ジンキ~人機~ 3 (3)
ジンキ~人機~ 4 (4)
JINKI:EXTEND 1 (1)
JINKI:EXTEND 2 (2)
JINKI:EXTEND 3 (3)
JINKI:EXTEND 4 (4)
JINKI:EXTEND 5 (5)
JINKI:EXTEND 6 (6)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2005

スターシップ・オペレーターズ 第12話

ついにやってきた地球連合の艦隊ですが、主目的は「アマテラスの保護」や「ヘンリエッタ星団」の解放ではなく、邪(よこしま)なもののようです。そうとは知らず、喜ぶ結城技術仕官(黒幕の一人)ですが、次回どんな顔をするのでしょうか。

先週から続いている戦闘では、急旋回の無理が祟ってアマテラスは満身創痍・・・観測機器も満足に動かず、使用可能な武器はリボルバー(レールガンのような実体弾?)が3発のみという絶対絶命な状況です。しかし、ここでアマテラスで唯一のキレ者であるシノンが、コンキスタドールの威嚇射撃の不正確さから、相手もアマテラスの位置を把握していないことを看破します。で、最大戦速で射程距離まで突っ込みリボルバーを撃つわけですが、タカイ君・・・外してしまいました(>_<)

まあ、普通だったらここで、コンキスタドールの主砲の直撃を食らってジ・エンドな訳ですが、前述の地球艦隊の到着と王国の政治的判断で、コンキスタドールへの命令がアマテラスの「拿捕」に変更されます。
アマテラスの皆さん、命拾いです・・・一部のクルーは投降勧告の受け入れに難色を示しているようですけどね・・・。
まあ、普通ならこの状況で戦闘を続行っするのは「玉砕」というやつですが(^_^;)

そんな状況で次回(最終回)に続きます。
うーん、コンキスタドールと共闘して地球艦隊と対決って展開はないかな?・・・どっちにしても、アマテラスは地球とも袂を分かつのではと予想します。香月艦長補の最後の奇策に期待しましょう!

公式サイト

DVD第一巻(¥2,363 10%OFF)
AMAZON(DVD):スターシップオペレーターズ 1
AMAZON(DVD):スターシップオペレーターズ 2〈初回限定版〉

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2005

月詠 24話

うーん、ラス前にしては絵が厳しかったです。葉月(ルナ?)の肖像画(の太股)にかなり誤魔化された気がします(>_<)
ただ、私の気のせいかもしれませんが、アルトの映ってるカットだけは、他より良く出来てましたね・・・もしや、私の目にだけ妙なフィルタがかかってる?

小春婆さんの能力は、暗示系のモノだったようです。どういう理屈か良くわかりませんが、耕平に葉月の幻影を見せることで恐怖を打ち消してしまいました。でも、力を使った小春婆さんは・・・きっと無事だとは思いますが、安否が気遣われます。
そんなこんなで、再び目覚めたネコミミモード耕平と覚醒モード葉月の前に成す術も無くやられてしまう、ジェダでした・・・合掌。

まあ、とりあえず無事に葉月を取り戻せてよかったですね(^_^;)

なんつーか、内容的にはいろいろあったけど印象に薄く、アルトの可愛さ(?)ばっかり目立った回でした。最終的には彼女も御堂家にやっかいになるんでしょうね。
そうそう、バルガスは、ああみえてかなりいい奴でした・・・ありがとう。

次回、最終回は高レベルな作画を期待します!(今回力抜いたのは最終回のためだよね?)
注:次回は28日(月)26:00~の放送です。

公式サイト
AMAZON(DVD):月詠-MOON PHASE- PHASE3<限定盤>
AMAZON(DVD):月詠-MOON PHASE- PHASE4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2005

まほらば 第11話

桃乃さんのマジ恋愛なお話でした。
本人の台詞にもありましたが、かなりベタな展開でちょっと意外でした・・・なにか、オチがあるものと最後まで信じてたもので(^_^;)
結局のところ、桃乃さんにとって白鳥君は、可愛い弟分以上の存在ではなかったということでしょう。
ただ、中学時代の出会いのきっかけって何だったんでしょうね?

言わずもがなですが、白鳥君の人の良さっぷりがこれでもかと描かれてました。彼が、マジ怒りするような事態ってあるのでしょうか?
桃乃さんに殴れと言われても、頭かいてへらへらでしたから・・・まあ、あの場合はアレで正しいかもですけどね。

珠美ちゃんの活躍が無かったので、今回はこんなもんですねぇ・・。
相変わらず、絵のクオリティは高いです。

公式サイト

DVD予約タイトルは20%OFFです!(送料無料)
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 第1巻(期間限定盤)(仮)
AMAZON(CD):まほらば~Heartful days ボーカル&ドラマアルバム「鳴滝荘へいらっしゃい」

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« March 13, 2005 - March 19, 2005 | Main | March 27, 2005 - April 2, 2005 »