« May 22, 2005 - May 28, 2005 | Main | June 5, 2005 - June 11, 2005 »

June 04, 2005

極上生徒会 第9話「好きはとまらない」

父の仇(かたき)と、小百合に勝負を挑む君塚優子でしたが、実は純粋に「父を破った小百合と勝負をしてみたかった」と言うのがオチでした。
普通に復讐モノにしないで、最後に裕子も父も小百合を恨んではいなかったというシーンを入れたのは面白かったかな。優子はむしろこてんぱんに負けて喜んでたみたいだったしね。
しかし、小百合の過去(試合で優子の父を再起不能にした・・)を隠そうとするれいんのウソはバレバレだった・・・。

小百合は、会長にスカウトされたみたいだけど、れいんはそのついでってことだったのかな?
でも、あのトランプ使いとか見ると、ついでにしては良い拾い物をしたってところでしょうか。
しかし、不自然に連勝するれいんのいかさまに、奈々穂が指摘するまで気付かないあの4人って相当抜けてる気がするけど・・・「騙されてることに気付かなければそれが真実になるんです」(byれいん)

結局、「好きだから」剣を手放せなかった、小百合・・・一途で良い子かもね。例によって。眼鏡外すと美人設定だし(^_-)
そして、宮上学園の伝説となる小百合でした。

いつもの盛りだくさん感のある展開と違って、小百合とれいんが中心のこじんまりしたお話でしたが、意外と面白かったような。(感想も少ないけど・・・)

公式サイト

DVD第1巻は7月21日発売・予約可
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.1
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.2 (仮)
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.3 (仮)
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.4 (仮)
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.5 (仮)
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.6 (仮)
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.7 (仮)

AMAZON(MUSIC):極上生徒会 ドラマ&音楽アルバム VOL.1

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):恋せよ女の子
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):極上生徒会 主題歌 偶然天使

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 31, 2005

エレメンタルジェレイド 第9話「港町の秘密」

次回への前フリと言った感じのお話でした。
でも、ラサティ(義姉)とリィリア(義妹・エディルレイド)って絶対あのマール(街の名士?)に騙されてるよね。
リィリアを取り上げなかったのは、二人同時に手に入れなければいけない理由があったんでしょう。実は2人は既に同契(リアクト)してたとか?(=2人一緒じゃないと利用価値が無い)

お金儲けのために働くレンとクーでしたが、レンのウェイトレスはまあ良しとして、クーの大道芸人の助手って幾らもらえるんだろ?・・・大した儲けじゃない気がする(^_^;)
あと、リィリアが何度も皿割ったり、店内で暴力沙汰があったりしても出てこない店主って度胸が据わってるのやら、鈍感なのやら・・・。

「リィリアの事を守りたいて気持ちがわかる」と言うクーに対して、「その娘(もちろんレン)のこと好きなのか?」と切り返すラサティ。まあ、ラサティにとっては「リィリアが好きだから守る」と言う感情はごく自然なものなんでしょうが、そのことをレンの前で堂々と言う度胸は、まだクーに無かったようです。でもその後、「クーはどうして私を守ろうとするの?」と言うレンは少し寂しげな表情だったかな。
・・早く言ってやれ、クー!!

街の秘密組織の刺客に対して公務を執行したシスカさん達アークエイル御一行・・・その刺客から聞いた合言葉で地下闘技場へ潜入します。そこでは、エディルレイドを武器とした者同士(ってわけでも無いか・・・)の賭け格闘試合が行われていました。そこで戦っていたのはラサティ・・・彼女のピンチを助けるのはクー&レンかアークエイルご一行かって感じで「続く」。

冒頭で書いたように、クライマックスは全て次回って感じの作りだったので、今回は特に感慨深いシーンとか無かったですねぇ(^_^;)

<おまけ画像>
EJ「エレメンタルジェレイド ツインマスコット」(ガチャポン)です。シスカはシークレットらしく、表情が怖いです(>_<)
出来は悪くないけど、200円にしては小さい気がしないでもない。
で、一番右の眼鏡っ子は誰?

公式サイト
TV東京サイト

AMAZON(MUSIC):エレメンタルジェレイド オリジナルサウンドトラック
AMAZON(TOY):SRDX エレメンタルジェレイド レン

DVD第1巻、7/22発売・予約可
AMAZON(DVD):エレメンタル ジェレイド 1

OPテーマ・・・今期のアニメOPではイチ押し!!
AMAZON(MUSIC):Forever...
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):約束

AMAZON(DVD):エレメンタル ジェレイド アニメ化記念DVD-序唱-〈初回限定生産〉
AMAZON(BOOK):TVアニメーション EREMENTAR GERAD スターターブック

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 30, 2005

まほらば 第22話「大事・・・」

いやあ、今回の話、かなりジーンと来ましたよ。
考えてみると、このアニメの登場人物って良い人(約一名は人がいい・・)ばかりですよね。いや、白鳥君の友達のエロエロ男だけは邪悪か・・・。

私はてっきり、朝美ちゃんが沙夜子さんを「お母さんとして認める」話なのかと思ってたけど、両親の前で「血は繋がって無くても朝美は自分の娘で生きがいだ」と沙代子さんが先に宣言してました。でも、沙夜子さんにとっては、やっぱり死んだ旦那さんがあっての朝美ちゃんって感じが強い気がしました。沙夜子さんの「私が先に死んで、あの人が私を忘れたら恨みます」は私もちょっぴり怖かったです。不謹慎ですが、旦那さん・・先にお亡くなりになって幸せだったかも(>_<)
まあでも、朝美ちゃんの嬉し泣きしながら飛び込んでくるところ、私も嬉し泣きしてました・・・沙夜子さんの心はどうあれ朝美ちゃんが満足ならそれで私も満足です。
最後、鳴滝荘の皆が玄関に総出で出迎えたりして、朝美ちゃんが主役(ヒロイン)だったら最終回って感じの話でしたね。朝美ちゃんと沙代子さん、凄い飛び方でしたけど・・・。

今回、朝美ちゃんの話を聞いて涙するまひるちゃんとか、朝美ちゃんにお母さんの居場所を聞かれて緊張するサクラとか、部屋の中の様子を盗み聞きするのを許してくれたタチバナとか脇役陣も良い味出してましたね。もちろん、別れ際のお父さん(丑三さん)の台詞「我を通して・・生きるのに疲れたら、その時はいつでも帰ってくればいい」も渋くてカッコ良かったです。

そうそう、前から気になってるのですが、鳴滝荘って賄(まかな)い付きなのかな?・・よくみんな揃って食事するシーンがありますよね。まさか、梢ちゃんのおごりってことはないよね・・・鳴滝荘の家賃収入だけじゃそんな余裕無いでしょう(^_^;)

あと残り4話でしょうか?・・・最後はどう締めてくれるのか楽しみです。

TV公式サイト
コミック公式サイト・・・人物紹介が詳しい

AMAZON(ドラマCD):まほらば~Heartful days ボーカル&ドラマアルバム「鳴滝荘へいらっしゃい」
AMAZON(ドラマCD):まほらば 「脇役天国・・・かも」

DVD予約タイトルは20%OFFです!(送料無料)
<DVD第二巻は6/8発売・・予約受付中>
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 第1巻(期間限定盤)
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful Days 第2巻
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 第3巻 (期間限定版)
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 4
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 第5巻 (期間限定版)
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 6
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 第7巻 (期間限定版)
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 8
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 第9巻 (期間限定版)
DVD奇数巻(期間限定)には特典あり!
 1巻:サントラCD、キャラカード1枚
 3巻:全巻収納BOX、キャラカード1枚
 5巻:CD-ROM、キャラカード1枚
 7巻:グッズ、キャラカード1枚
 9巻:絵本、キャラカード1枚

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):大事 Da・I・Ji (まほらば OPテーマソング)
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):僕のスピードで (まほらば EDテーマソング)

| | Comments (0) | TrackBack (3)

May 29, 2005

交響詩篇エウレカセブン 第7話「アブソリュート・ディフィート」

レントンのいじられ話・・に、見せかけたムーンドギーのお話でもありましたね。
レントンがやってくるまでは、メンバーのいじられ役だったムーンドギーだったようですが、今ではその座をレントンに奪われ不満だった様子。でも結局最後は、レントンのいろんな意味での凄さ(?)に根負けして彼を認めたようです。しかし、あんな訛りの強いキャラだったんですね、ムーンドギー。
でも、初っ端から視聴者にまでレントンが騙されてるのバレバレでした。いったいどうやったら、「さっぱり豚骨味のラーメン」で街が崩壊するのやら。レントン君は素直すぎです・・・まあ、それが彼のいいところなんですが。

偶然のなりゆきですが、カメラの前で「例え世界中を敵に回したって、エウレカの力になる!」と胸の内を宣言したレントン。普段は頼りない少年ですが、時々こういう力のある言葉を吐く彼が好きです。こんな彼だから、メンバーも今回の負けを認めたんでしょう・・・十分楽しんだみたいですけどね(^_^;)
結局、エウレカに「レントンって凄いね」と言われて喜ぶレントンの姿を見てなんかこっちまで嬉しくなってしまいました。ただ、エウレカも部分的に勘違いしてるような気はしますが、レントンは喜んでるので良しとしときましょう。

まあ、月光号のなかでバカ騒ぎしている裏では世界が動き出している様子。敵の呼称らしい「コーラリアン」って単語が出てきましたが、手強い相手らしいといったこと以上はわかりませんでした。レントンの父ちゃんやホランドが関わっていた件に関係あることは、デューイ中佐が出張ってる時点で間違いないでしょう。背後にどんな謎を用意してくれているのか、今から楽しみです。

最後、レントンの録画を見て「ダサいな、俺」と呟くホランド。どんな想いがよぎったんでしょうかね。

既に7話まで来ましたが、未だに手を抜いた話に出会いません。本当にこのままのテンションで最後まで行けるのでしょうか?・・・楽しみなような不安なような。
とりあえず、今やってるアニメで一押しであることに間違いはないです!!・・・まだ観てない人がいたら皆で薦めましょう(^_-)

<おまけ画像>
eurekaHGIFエウレカセブン(ガチャポン)をコンプリートしました。200円でこれなら買いです!・・・「運」の要素が多分にありますが(^_^;)

公式サイト
ブロードバンド放映

トラックバック先:エウレカセブン レビュアーズ

DVD第1巻は7/22発売!(予約可)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1 UMDスペシャルパック (UMD Video)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 2 UMDスペシャルパック (UMD Video)

劇中によく出てくる本です。
AMAZON(BOOK):初版金枝篇 (上)
AMAZON(BOOK):初版金枝篇 (下)
AMAZON(BOOK):図説 金枝篇
※ 私自身は未読ですが、某作品中での死海文書みたいなもんなのかな?

AMAZON(TOY):交響詩篇エウレカセブン トランスモデル ニルバーシュ

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):DAYS
EDテーマ・・・今期のアニメEDでは一番だと思う
AMAZON(MUSIC):秘密基地

| | Comments (4) | TrackBack (3)

ツバサ・クロニクル 第8話「神の愛娘」

ふらふらとタンバル城の中に入ってしまったサクラとそれを追っていく小狼、二人が出会ったのは怪物と化してしまった街の人々でした。
醜い怪物になってしまった人々に何のためらいも無く手を差し伸べるサクラに、謎の球体(女性)が話し掛けますが、この球体ってチュニャンのお母さんだよね、きっと。回想シーンでもタンバルが「死んだ」と言ってるだけで、チュニャン本人が確認したわけではないようでしたしね。まあ、「お母さんが生きていた」的な展開の方がHAPPYで良いではないですか。

この世界の空汰と嵐が登場。モコナがしつこく質問攻めにしてこっちの二人もラブラブであると判明・・・ようは、住んでる環境が違うだけで中身は一緒ってことらしい。でも、この2人は侑子(次元の魔女)の知り合いではないみたい。
まあ、2人に会いに行った一番の理由、「城攻めの説得」が失敗し、街の人を動員しての城攻めが無くなって黒鋼は残念そうでした。もうしばらく屋根修理でしょうかね。

モコナは、チュニャンの頭の上が気にいったらしい。まあ、観てる方としても絵にはなるので、良いことなんだけどね。そういや、ちっちゃい女の子の頭の上に乗る小動物ってシチュエーション結構ありますよね。

次回は、城に閉じ込められた人たちの救出かな?
なんか、淡々と進みすぎて深く感想書くことない気がします・・・決してつまらないわけではないけどね。

公式サイト

DVD第1巻は8/26発売です。(予約可)
AMAZON(DVD):ツバサ・クロニクル Vol.1

AMAZON(MUSIC):NHKアニメーション 「ツバサ・クロニクル」 オリジナルサウンドトラック Future Soundscape I (初回限定盤)

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):BLAZE
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):ループ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SEED DESTINY 第32話「ステラ」

制作側にとっても、視聴者にとっても予定通りなのでしょうが、ステラが死にました。
シンの必死の呼びかけで、一時はシンとの記憶を思い出すものの、強力な暗示に打ち勝つことが出来なかったようです。最後はシンの腕の中で幸せそうな表情を浮かべて息を引き取りました・・・。良いシーンではあるのですが、あれだけの爆発で出血もほとんど無く、ステラがあんな綺麗な状態ってのはちょっとおかしいかも・・・まあ、きっと「血だらけ」で「腕の一本もなくなっている」ような状態は放送できないんでしょうけど。そういえば、タイミングよく出てきたあの貝殻のペンダントは、ネオが胸にかけてあげたのでしょうか?
デストロイに最後の一撃を加えたのは、前々から予想してた通り、フリーダムのキラでした。シンとしては、これまで「漠然と気に入らない」といった感情は持ってたのでしょうが、これでシンとキラの間に決定的な亀裂が生じたのは間違いありません。今後、シンはキラを「ステラの仇(かたき)」として追い続けることでしょう。裏を返せば、彼がどの時点でキラを許すことが出来るのか・・というのが物語のひとつのポイントになるのではと思います。それが無いと、本当に悪役になちゃうよ・・・シン。

キラのフリーダムは、やっぱ強いですね。ステラのデストロイだけならともかく、ネオのウィンダムとスティングのカオスもまとめて相手して勝てはしないまでも互角に戦えてました。なんせ、弾(ビーム)が当たらないんですからねえ・・・キラは背中にも目がついているとしか思えません・・・さすが、スーパーコーディネーター。
あと、やられメカとばかり思っていたムラサメが大健闘。数機がかりではありますがカオスを墜としてしまいます。このあたりのパワーバランスってどうなってるんでしょうか?・・まあ、カガリ様を想う気持ちが兵士たちを強くさせたと思いましょう。それとも、皆さんあのミネルバとの2回の激戦を生き抜いたってことは、エースパイロットばかりだったのかな?
そういや、ルージュの出撃シーンは、気合の入ったフルサイズでしたね。(・・ていうか尺あわせ?)

プラント内の対策会議で、従わない住民を街ごと焼き払うデストロイ(地球連合)の所業に対して「そんなことは決して許されるものではない」と怒りを露わにし、全力で阻止するように指示するデュランダル議長でしたが、益々「もしかしたらこの人は単純に良い人なのではないか」と思えてなりません。そうかと思えば、今まで裏で偽ラクス(ミーア)を操ったり、過去にクルーゼとの関わりがあったりとかなり怪しい行動を取っており、私の中では混乱の極みとなっています。正直、未だにラスボス候補の筆頭だとは思ってますけどね。何でもありだとすれば、デュランダル議長は二重人格とか、実は2人いるとかいう展開も考えられなくは無いけど・・・これは無茶だな、やんないでね。

本日のミネルバのMSパイロットたち・・・非常に雰囲気が悪いです。まあ、可動MSがインパルス1機では普通でも暗くなるのは解りますが・・シンはアスランと話をするのも嫌だって態度だし、アスランはまともに目を合わせて話が出来ない始末。
シンはともかく、アスランはかなりテンパってる様子ですが、プッツンして何かいけない行動にはしったりしそうですね。

シンが出撃する前にタリア艦長が言った「司令部はあなたに期待してるわ、お願いね」と言う言葉、何か刺を感じたのは私だけでしょうか。艦長はステラを逃がしたシンを無罪放免にしたことに対して(議長を)快く思っていない様子です。場合によっては、議長に反旗を翻して、アークエンジェルと共闘って展開もあるかもしれない。
タリア艦長といえば、「さすが、正義の味方の大天使ね・・・」の時も刺があって不機嫌そうでした。苦労が耐えませんねえ(^_^;)

さて、かなり引っ張られている印象がありますが、次回こそは真の黒幕についてデュランダル議長が明らかにしてくれるのでしょうか。
あと、ネオの正体とそれに伴うマリュー艦長の行動も気になるところです。

最後に、劇場版「機動戦士Zガンダム~星を継ぐ者~」(記事)が劇場公開中です。SEEDやスパロボからガンダムの世界に入った人も是非一度観ておくことをお勧めします!

<おまけ画像>
ef2-3某友人の協力で、EFコレクション2をコンプリートしました。
やっぱ、セットの2体を揃えると絵になります。

公式サイト

劇場版「Zガンダム」主題歌!!(発売中・送料無)
AMAZON(MUSIC):Metamorphoze~メタモルフォーゼ~(限定盤)
※ ちなみに映画「星を継ぐ者」は、公開中です。皆さん、ガンダムの本流を是非観にいきましょう!!

DVD第5巻は6/24発売・予約可
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 3
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 6
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 8

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):僕たちの行方
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):I Wanna Go To A Place..

| | Comments (2) | TrackBack (3)

機動戦士Zガンダム~星を継ぐ者~ 舞台挨拶付き上映

このブログを読んでまだ「劇場版Zガンダム~星を継ぐ者~」を観に行っていない方・・・何かの縁です、次の週末に観にいってください!
更に、お子様がいらっしゃる方、是非是非一緒に観に行ってください。
更に更に、周囲の方々に声をかけてみんなで観に行って下さい。
そう言いたくなるぐらい良い映画でした。

まずは、舞台挨拶から・・・池袋11:05AMの舞台挨拶付き上映を鑑賞しました。(舞台挨拶の内容は私の記憶力に拠るものが大きいので、記憶違いがあったらスイマセン・・・)
上映から30分ほど前に、劇場に着きましたが既に長蛇の列・・・全席予約のはずだけど待ちきれないファンがこんなにいるんだと感心しつつ私も列へ。客層は、20代から30代が8割方を占めている様子・・・でも、若い人や女性だけの団体もいたりして、それほど客層が固まっている印象は受けませんでした。私達の席は、最後列の真ん中あたり。まあ、映画を観るのには支障ないですが、舞台挨拶ならもっと前が面白かったかな・・・前の席がパワフルな女性の5人組だったのが印象に残ってます・・・。
そしていよいよ、進行役のお姉さんの案内で、最初にシャア役の池田秀一さん、カミーユ役の飛田展男さん、アムロ役の古谷徹さんが入場。そして、やや遅れて富野監督が入場されました。
ゲストの方が入場されて、まずは自己紹介。声優のお三方は普通の挨拶(古谷さんは、おそらくわざとと思われるボケをかましてくれましたが・・・)でしたが、監督は開口一番「SEEDやDESTINYをご存知の方は、こいつ誰だと思われるかも知れませんが、恥を忍んでやってまいりました」・・・と、いきなりかましてくれました。やっぱり、かなり意識してるんですね(^_^;)
続けて監督は、「観客の皆さんの年齢層の高さに愕然としています・・・」と、「これはまんが映画なので、もっと若い人(少年少女?)に観に来てもらいたい」とのことでした。曰く、「ガンダム(アニメ?)ファンが高年齢化しており、将来の展望に危機感を抱いている」ということのようです。とは言うものの、古くからの熱烈なファンが多く集まってくれるのもまんざら悪い気持ちではないように見受けられました。
見所については、声優の皆さんは、口をそろえて「全部」とのこと。監督は、「この映画でお客さんを満足させられる自信がある、必ず次を観たいと思っていただける」・・・と、かなり強気な発言をされていました。加えて、エンドロールが終ったあとに監督が一番好きな絵が出てくるので是非最後までいてください、とのことでした・・・どんな絵かは皆さん劇場でご確認を!(私はちょっと困惑しましたが・・・)
とにかく、監督としてはお子様(「名探偵コナン」や「クレヨンしんちゃん」を観に来るような客層?)に是非来てもらいたいと何度も発言されていました。(現に当日来ていたお子様が監督や観客に拍手されてました・・・)

そんな感じで、舞台挨拶も終わり本編上映へ・・・。
まず、オープニングです。Gacktのテーマソングに合わせてオープニングテロップが流れ、画面が土星からどんどん地球圏へ近付いて行く様子に鳥肌が立つほどの興奮を覚えました。なんかものすごく「感慨深かった」です。
で、本編・・・既に知っているはずの話なのですが、ぐんぐんと引き込まれるバイタリティーを画面から感じました。基本的には、オリジナルのTV版とストーリー展開は同じなので、ここではあらすじのようなことは省略します。
確かに新しく作画されている部分は目立ちますが、決して不自然と言うのではなく、逆にその部分のクオリティの高さに感心しました。とくにメカ関係で書き直されている部分は素晴らしいです。
また、全体にストーリーに無理が無く、TV版のZガンダムを観たことの無い人でも話について行けないことは無いと思います。「∀ガンダム劇場版」では、かなりダイジェスト版的な感じを受けましたが、こっちは万人が「完成された一本の映画」として鑑賞可能です。
特に気になった事としては、エマさんってこんなにも魅力的なキャラだったんだと再認識したことです。ああいう、何事にも真っ直ぐで純粋な女性には率直に惹かれます。劇場版では今後も活躍の機会があるのでしょうか?
あと、ラスト近くのアムロがアッシマーに輸送機をぶつけるシーンもカッコよく作り直されてました。
そして、エンディングロールの後に監督の言ってた「好きな絵」ってやつがあって次回予告です。次回は、「機動戦士Zガンダム2~恋人たち~」だそうです。「カミーユ×フォウ」「アムロ×ベルトーチカ」(「シャア×レコア」も?)の恋人たちに焦点を当てた構成になるようです。(舞台挨拶でもゲストの方々の言葉の端々に「2はそんな感じだろう」と感じさせるものがありました。)

正直、ここまで上手くまとまった映画になるとは想像していませんでした。完全に想定外です・・。
くどいようですが、皆さん誘い合わせの上、是非劇場へ足を運んで下さい!!

P.S.
toshiさん、舞台挨拶のチケット手配ありがとうございました!!(2の時もよろしくお願いします!!)

お友達の感想(よろしければこちらもどうぞ!):サクラふぁーむ

2回目鑑賞の感想はこちら!>>ここ

過去記事リサイクル:
「MS IGLOO」の感想

<おまけ画像1>
clearmk2劇場限定プラモル「HGガンダムmk2クリアカラーバージョン」のBOXです。劇場でしか買えません。(追加:初日で売り切れたみたいですね、現在かなりのプレミアが付いてます)
お店で買えるものとしては「1/144 HGUC MK2+フライングアーマー」がお勧め!!

<おまけ画像2>
mk2nemoHCM-Pro RX-178 ガンダムMk-2」と「HCM-Pro14 ネモ」です。このシリーズはポーズをつけて遊ぶのが楽しいです。
HCM-Pro10百式」「HCM-Pro 09 リック・ディアス(レッドカラー)」「HCM-Pro15 リックディアス(ブラックカラー)」「HCM-Pro13 ガンダムMK-II(エウーゴ)」を購入してプチジオラマ造るのも良いかも。

機動戦士Zガンダム劇場版公式サイト
バンダイチャンネル(Zガンダム特集)・・・予習用(必見)!!

テーマ曲(曲,詞,歌:Gackt)
AMAZON(MUSIC):Metamorphoze~メタモルフォーゼ~(DVD付限定盤)
AMAZON(MUSIC):Metamorphoze~メタモルフォーゼ~

AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム I 特別版 【劇場版】
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム II 哀・戦士編 / 特別版 【劇場版】
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編 / 特別版 【劇場版】

AMAZON(DVD):機動戦士Zガンダム Part I ― メモリアルボックス版
AMAZON(DVD):機動戦士Zガンダム Part II ― メモリアルボックス版
AMAZON(DVD):機動戦士Zガンダム Part III ― メモリアルボックス版

AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム ZZ Part-1
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム ZZ Part-2
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム ZZ Part III ― メモリアルボックス版

AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム F91

AMAZON(DVD):機動戦士Vガンダム DVDメモリアルボックス

| | Comments (6) | TrackBack (4)

« May 22, 2005 - May 28, 2005 | Main | June 5, 2005 - June 11, 2005 »