« June 12, 2005 - June 18, 2005 | Main | June 26, 2005 - July 2, 2005 »

June 25, 2005

ツバサ・クロニクル 第12話「暖かなエガオ」

今回の世界、羽根も無かったし、あっさり1回で次に行くことになりましたが、小狼とサクラにとっては得る物が大きかったようです。観る側の私としても、しんみりとした良いお話だったと思います。

小狼にとってのサクラは、過去の記憶を持たずに拾われた自分に笑顔を思い出させてくれた人という意味で、自分を救ってくれた恩人のようなものだったんですね。
「お姫様には、ずっとずっと笑っていて欲しい・・・」私もそう思いますね(^_-)

サクラの方は、侑子にかけられたプロテクト(?)が効いているのか、相変わらず思い出す記憶の中から小狼の部分だけが抜けています・・・。ただ、徐々にそれっぽい少年がいたことは、見えるようになってるようだけど、それと小狼を結びつけるという思考にはならないようです。
徐々に小狼の部分も思い出して、最後に侑子に持ってかれるのかと思ってんですけどね・・そうではないみたいです。
小狼の思い出す同じシーンの記憶には、笑顔の二人がいたりして、やっぱ切ないです(T_T)

今回のモコナ、相変わらずプリティでした。
108つの得意技って、きっと今回限りだったりするんでしょう。

あと、更にアツアツになった小狼とサクラにあてられた様子の黒鋼のしぐさが微笑ましいと言うか何というか。彼は知世にしか興味ないんだろうけどね。

次回は、「ただのおまけ」にドッキドキ?!

公式サイト

DVD第1巻は8/26発売です。(予約可)
AMAZON(DVD):ツバサ・クロニクル Vol.1

AMAZON(MUSIC):NHKアニメーション 「ツバサ・クロニクル」 オリジナルサウンドトラック Future Soundscape I (初回限定盤)

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):BLAZE
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):ループ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

SEED DESTINY 第36話「アスラン脱走」

アスランとメイリンの愛(違うけど・・)の逃避行が始まりました。
今まで本筋に絡んでこなかったメイリンが、とうとうやってくれたって感じでしょうか。どうしてアスランが、偶然にもメイリンの部屋に逃げ込んだ(込めた?)のか、などというところを細かくつっこんではいけません・・・これは、大人の都合というやつです。でも、ドアに鍵くらいかけとかないと・・・。
しかし、メイリンも伊達にコーディネーターなわけではなかったようで、自室の端末から基地のホストに不正アクセスするくらいは朝飯前なんですね。両親の意図としては、運動能力に特化した姉(ルナ)、処理能力に特化した妹としてコーディネートしたのではないかな。
アスランは、逃走に協力してくれたメイリンを残すと罪を問われると思って連れ出したようだけど、彼女はついてって幸せになれるのでしょうか。アスラン×カガリは予定調和(私的にはラストシーン候補)だから間違いなくそこに落ち着くはずです。無事アークエンジェルと合流できたとしても彼女の居場所が無いのでは?・・・恋は諦めるとして、アークエンジェルのオペレーターの座をミリアリアと争うなんて話をやってくれないかな。
でも、正直なところメイリンには死相が出ているように感じます・・・そうなるとすればここ数話、アークエンジェルに合流するまでの間だろうな。そして今度は、ルナマリアが妹の仇としてアスランを追うと・・・やっぱ、恨みによる戦いはエンドレスですねぇ。(注:あくまで妄想です)

アスランの手を取ったメイリンに対して、ミーアはその手を拒否しました。
ミーアにとって、大事なのはラクスになりきること。アスランに付きまとうのも彼を本気で好きなわけではなくて、その為に必要なアクセサリーとしか思ってなかったのでしょう。
どうも、ミーアには幸福な将来は用意されて無さそうです・・・。
しかし、デュランダル議長の私室に普通に入り込めるなんて、議長とミーアって私生活ではそういう大人の関係だったりするのでしょうか。落ちてた写真は、議長の策略っぽい気がしないでもないですけど・・・本気でうっかり落としてたとすれば、それはそれで迂闊者過ぎるのでは??

最近、デュランダル議長の独演会が多い本作ですが、今回も前半はその傾向でした。
議長の言うことはいちいちもっともで、単純なシンなんかは目をキラキラさせて聞き入ってます。でも、ただ一点を指摘すれば全てが怪しくなるんですよね、傍らにいるラクスは偽者だと。喉まで出掛かってるのに、アスランはどうしてそうしないのかと激しく疑問です。余計な事実を知らせると、シンに迷惑がかかるとでも思ったのかな?でも、このまま議長の狗(いぬ)になってしまう方が、彼にとっては不幸への道のような・・。
議長は、誰もがみな幸福に生きられる世界を目指すのだそうですが、裏を返すと幸せになれない人々は切り捨てるということに繋がらないでしょうか。今後生まれてくる子供は全てコーディネーターにしなければいけない、そうしなければ出産の権利を与えない・・・とかね。もちろん、従わない者どもはディスティニーとレジェンドで皆殺しです。(注:妄想です)

ロゴスと彼らに従う地球連合軍の残党は、ヘブンズゲートという要塞に終結しているようです。ヘブンズゲートの場所は明示されてないみたいだけど北米の東海岸辺りなのかな?
ザフト軍は、彼らとの最終決戦の為にジブラルタルに戦力を集結させています。そこへ続々と集まってくる反ロゴスの地球連合艦隊を見てアーサーが「一斉に裏切られたらジブラルタルは終わりですね」と一言。まあ、ありそうな話だけど、彼の言うことなのでねえ・・・視聴者のミスリードを誘ってませんか?

なんだか、このままザフトがあっさりヘブンズゲートを陥としてしまうと、その後話が進まないと思うのだけど、大丈夫なのだろうか・・・私が心配することじゃないけどね(^_^;)
あっと驚かなくても良いので、無理なく納得の出来る展開(結末)を希望いたします。

<おまけ画像1>
X23S今回、大活躍のアスランの前乗機「セイバー」(ガンダムコレクションネオ)です。
確か、キラに切り刻まれたんだっけ?

<おまけ画像2>
windMSセレクションDXのウィンダム(ネオ機)です。380円はちと高いかな・・・。

公式サイト

7/25発売!
AMAZON(TOY):MS IN ACTION!! ストライクフリーダムガンダム
7/25発売!
AMAZON(TOY):コズミックリージョン#7002 フリーダムガンダム
9/25発売!
AMAZON(TOY):コズミックリージョン#7003 ストライクフリーダムガンダム

DVD第6巻は7/22発売・予約可
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 3
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 6
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 8

劇場版「Zガンダム」主題歌!!(発売中・送料無)
AMAZON(MUSIC):Metamorphoze~メタモルフォーゼ~(限定盤)
※ ちなみに映画「星を継ぐ者」(記事)は、公開中です。皆さん、ガンダムの本流を是非観にいきましょう!!

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):僕たちの行方
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):I Wanna Go To A Place..

| | Comments (4) | TrackBack (8)

7月からの新番組

7月からの私の視聴メモです。
美少女いっぱい系は、最近食傷気味なので新番組は無視することにします。

7/4(月) 25:30~ TV東京
GUN×SWORD
監督が「プラネテス」の谷口悟郎氏、脚本が「R.O.D」の倉田英之氏です。私的には期待大です!

7/13(水) 24:00~ WOWOW(ノンスクランブル)
フルメタル・パニック!The Second Raid
まあ、今まで2シリーズやってるけど、それなりに面白かったのでこれも観てみようかと思います。

7/22(金) 21:03~ 日本TV
ルパン三世SP 天使の策略 夢のカケラは殺しの香り
第17弾だそうです。20くらいまではやるのかな?

<おまけ>
BSこだわり館 BSアニメ夜話」 NHK-BS2
6月27日(月) 23:00~
 「未来少年コナン」 (1978年) 監督:宮崎 駿
6月28日(火) 23:00~
 「劇場版 エースをねらえ!」 (1979年) 監督:出崎 統
6月29日(水) 23:00~
 「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」 (1984年) 監督:石黒 昇 河森正治

| | Comments (0) | TrackBack (0)

極上生徒会 第12話「それは雨の日に」

今回は宮神学園誕生秘話と、奏会長奈々穂の友情物語ですね。

つまるところ、奏会長と奈々穂の関係は、アニメとか漫画に良くある能力を持つ一族とそれを守護する一族という主従関係だったわけです。確かに、会長と副会長って関係だけではない感じはありましたよね。
奈々穂の場合ちょっと違うのは、一度奏にクビにされたけど、自分の意思で戻ったところでしょうか。全てを奏に押し付けて自分だけ運命から逃げることが出来なかったんでしょうね・・・自分を運命から解き放ってくれた恩義もあってのことでしょう。

奏の持つ能力って、言ったことを現実にする力みたいです・・・こういうのを言霊っていうのかな?
追っかけてきたお手伝いさんに「ついてこないで!」と言っただけで動けなくなったし、そうだとすればプッチャンの復活も説明がつく感じです。プッチャンを作り出している力は、また別物のようですけど・・・。

そして、宮神学園の創設は、奏の「学校へ行きたい」という一言が発端でした。
神宮司家の人々には、「神宮司家の為になる有能な人材を育成する」とでも言ってたのでしょうが、実際のところは、奏会長の言葉の端々に出てくるように「同じような境遇にある娘に楽しい思い出を作ってあげる」のが目的になってるみたいです。
そう考えると、シリーズ後半は何か運命との対決的な要素が入ってくるのかな・・・バカっぽさは失わないで欲しいけど(^_^;)

次週は、聖奈さんのが大暴れ?・・・と、みせかけて別の何かもありそうだな。
奏会長が出かけた後の、聖奈さんと久遠の意味深な会話が気になる今日この頃です。

公式サイト

DVD第1巻は7月21日発売・予約可
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.1
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.2 (仮)
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.3 (仮)
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.4 (仮)
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.5 (仮)
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.6 (仮)
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.7 (仮)

AMAZON(MUSIC):極上生徒会 ドラマ&音楽アルバム VOL.1

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):恋せよ女の子
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):極上生徒会 主題歌 偶然天使

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2005

エレメンタルジェレイド 第12話「自由への疾走」

アークエイルの裏の顔が徐々に姿を現してきてます。
その辺のところを全然気付いておらず、この仕事に誇りを持っている、シスカはクーと余計な約束しちゃいました。しかも、2度、3度と・・・。
きっと、彼女はアークエイルを裏切らなくてはいけなくなるんでしょうね・・・決意の前には出世欲クーへの友情とを天秤にかけるんでしょうけど。
それにしても、闘技場でのミサイルポッド(?)いったいどういう仕組みになってたんだろう?・・・弾ありすぎです。正直、いつもの銃を乱射した方が絵的に派手で良かったんじゃないかなと思ったりします。

アークエイルに保護された後のラサティとリィリア、特にラサティが憑き物が落ちたみたいな感じになって性格が変わってた気がします。でも、あまりに変わりすぎてる気がして、演出ミスかと思ったくらいです。実際今回は、絵というか全体の雰囲気が安定してなかったし・・・。

次回は、レンと引き離されたクーがどんな行動を取るのか楽しみですね。レンへの熱い想いを見せてもらいたいものです!
今回は、次回に期待しつつ感想短めってことで・・・。

公式サイト
TV東京サイト

AMAZON(MUSIC):エレメンタルジェレイド オリジナルサウンドトラック
AMAZON(TOY):SRDX エレメンタルジェレイド レン

DVD第1巻、7/22発売・予約可
AMAZON(DVD):エレメンタル ジェレイド 1

OPテーマ・・・今期のアニメOPではイチ押し!!
AMAZON(MUSIC):Forever...
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):約束

AMAZON(DVD):エレメンタル ジェレイド アニメ化記念DVD-序唱-〈初回限定生産〉
AMAZON(BOOK):TVアニメーション EREMENTAR GERAD スターターブック

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2005

まほらば 第24話「すず」

どんどんと白鳥君との距離を縮めていく梢ちゃんを、ちょっと悲しい目で見つめる珠美ちゃんがやけに切なく感じる今日この頃です。最初は、二人をくっつけるような言動をしていましたが、いざ目の当たりにすると・・・ってね。
私としては、彼女の梢ちゃんに対する気持ちって百合とかそういうのじゃなくって、母性に近いのかなちょっとマジに考えたりしてます。さしずめ、親離れする子を送り出す心境といったところでしょうか。

お話としては、両親の死に対するトラウマのある梢ちゃんが、白鳥君の事故の報を聞いて気絶。そして、目覚めたときには、変身人格が出てくるものの本人が出てこなくなってしまっていました。まあ、白鳥君の事故ってのは、車にびっくりして自分で転んだだけというのがこのアニメらしくはありますが・・・。
やっぱ、梢ちゃんを正気に戻すには、目覚めのキスが必要なのかな?・・・今回は、珠美ちゃんの強硬な反対で未遂(白鳥君本人の意思ではなかったけど・・・)に終わりましたが。

鳴滝荘の住人がバラバラになる気配(黒崎親子もなんだかんだで実家に入り浸ってるみたいだし・・)が見えていますが、どうなるんだろう。
白鳥君は梢ちゃんに無事、誕生日プレゼントを渡せるのか?!
多分ラスト2話・・・このアニメらしい、ほのぼのラストを期待します(^_-)

TV公式サイト
コミック公式サイト・・・人物紹介が詳しい

AMAZON(ドラマCD):まほらば~Heartful days ボーカル&ドラマアルバム「鳴滝荘へいらっしゃい」
AMAZON(ドラマCD):まほらば 「脇役天国・・・かも」

DVD予約タイトルは20%OFFです!(送料無料)
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 第1巻(期間限定盤)
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful Days 第2巻
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 第3巻 (期間限定版)
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 4
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 第5巻 (期間限定版)
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 6
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 第7巻 (期間限定版)
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 8
AMAZON(DVD):まほらば~Heartful days 第9巻 (期間限定版)
DVD奇数巻(期間限定)には特典あり!
 1巻:サントラCD、キャラカード1枚
 3巻:全巻収納BOX、キャラカード1枚
 5巻:CD-ROM、キャラカード1枚
 7巻:グッズ、キャラカード1枚
 9巻:絵本、キャラカード1枚

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):大事 Da・I・Ji (まほらば OPテーマソング)
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):僕のスピードで (まほらば EDテーマソング)

| | Comments (0) | TrackBack (3)

June 19, 2005

機動戦士Zガンダム~星を継ぐ者~ 2度目鑑賞

前売り券を購入していたものの前回は、舞台挨拶付きの上映でそれが使えなかったので、もう一度鑑賞してきました。
場所は、渋谷シネパレスというところで150席ぐらいだったのですが、まだ数人が立ち見するほどの盛況でした。客層は渋谷と言う場所柄からか、カップルが多かったような気がします。そこかしこから彼氏が彼女にガンダムの基本を説明する声が聞こえるのが微笑ましかったです・・・いえ、決して嫉妬なんてしてませんとも。

それで映画ですが、2度目も非常に楽しく鑑賞できました。やっぱり、最後のアムロ、シャア、カミーユの邂逅シーンは何度見ても胸が熱くなります。また、その前のギャプラン&アッシマーの波状攻撃のシーンも再びシビレました・・・アニメ史上1,2を争う戦闘シーンと言っても過言ではないでしょう。
もう、耳にタコが出来るほど聞かされている新旧の作画の差ですが、今回は全くといって良いほど気にならなかったです。1度目もそんなに気になった方ではないので、参考にはならないですけどね(^_^;)

やっぱ、「ファーストはそれなりに知ってるけど、Zガンダムって全然知らないんだけど・・・」などと尻込みせずに、初心者の人を含めてたくさんの人に観てもらいたい映画です。そもそも、知らない話だからこそ観に行く価値があるので、知ってる話の総集編(いや、厳密には違うんですよ!!)をわざわざ観に(しかも2度も・・)いく私のような人種の方こそ異常なのではと思ったりします。
あと、ついでだから言ってしまうと、昔からのZガンダムファンの人が「この映画はTV版を知ってる人向き」等と評論するのを良く見かけますが、「あのシーンが無い」とか「あの人の性格が違う」とかいった類の映画版だけを知ってれば良い人とは異なった視点で見ることから来るものと思います。それはそれで間違った見方ではないと思いますが、そのことで「初心者向きではない」と短絡的に決めつけるのは反対です。(現にZ初心者でも楽しかったと言う人も知ってますし・・・)
確かに、わからない人はわからないだろうけど・・・極端な話、SFとかアニメに全く興味の無い実家の両親なんて、有名なハリウッドのSF映画とかを観たって「よくわからん」と言ってました。

まあ、話が逸れた気がしますが、論より証拠、まだ観に行ってない方は騙されたと思って映画館に足を運んでみてください。(騙されたと思われても何の保障も出ませんが・・・)

お友達の感想(よろしければこちらもどうぞ!):サクラふぁーむ

<おまけ画像1>
Zpass1ローソンで前売り券を買うと付いてくる「OFFICIAL PASSPORT」です。
内容は、劇場パンフのミニチュア版といった感じです。ただ、巻末に載っている富野監督のエッセイはここだけなのかな?

<おまけ画像2>
Zpass2中にはパスポートっぽくこんなページがあったりします。これ見せたら、本当に「応援扶助」を受けられたのだろうか・・・。

機動戦士Zガンダム劇場版公式サイト
バンダイチャンネル(Zガンダム特集)・・・予習用(必見)!!

テーマ曲(曲,詞,歌:Gackt)
AMAZON(MUSIC):Metamorphoze~メタモルフォーゼ~(DVD付限定盤)
AMAZON(MUSIC):Metamorphoze~メタモルフォーゼ~

AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム I 特別版 【劇場版】
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム II 哀・戦士編 / 特別版 【劇場版】
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編 / 特別版 【劇場版】

AMAZON(DVD):機動戦士Zガンダム Part I ― メモリアルボックス版
AMAZON(DVD):機動戦士Zガンダム Part II ― メモリアルボックス版
AMAZON(DVD):機動戦士Zガンダム Part III ― メモリアルボックス版

AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム ZZ Part-1
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム ZZ Part-2
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム ZZ Part III ― メモリアルボックス版

AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム F91

AMAZON(DVD):機動戦士Vガンダム DVDメモリアルボックス

| | Comments (7) | TrackBack (1)

交響詩篇エウレカセブン 第10話「ハイアー・ザン・ザ・サン」

とにかく、「無重力最高!」ってことで・・・今回は、エウレカがレントンに密着するシーンか多かった気がします。当のエウレカは、そういう気持ちじゃないんだろうけど、多感なお年頃のレントンには(嬉しい意味で・・)辛抱たまらないことの連続だったようです。何故か、チビ達の邪魔も入りませんでしたしね。
でもちょっと気になるのは、無重力状態の時の「このとき僕が理解していれば・・・」というレントンの回想のような台詞です。まさか、早々にヒロイン退場(交代?)なんてことは無いですよね。エウレカに不安そうな表情が多くなったし・・エウレカびいきな私にとっては、非常に嫌な予感がします。

前回に引き続き、憂鬱モードのホランドですがタルホの寝言「しっかりしてよ、レントン・・」で更に突き落とされた感じ。レントンはやきもち焼くほどの相手じゃないはずだし、何であんなに落ち込んだのか今のところ私には意味不明です。
で、星(よく設定を思い出すとここって地球じゃないんだよね・・)の反対側に都合よく大波が来ると言うので、今回の見せ場「Higher than the SUN!」となるわけです。つまりは、エンジン全開で大気圏外に弾道飛行するという荒業なわけですが、これはどうもタルホの操縦技術無しでは出来ないみたいです。皆さん、彼女のご機嫌を伺ってましたしね。
まあそれ故に、わざと目的地とは異なるホランドとタルホに縁(ゆかり)の何とかって空軍基地跡に連れていかてしまったわけですが・・・。

回想シーン、部屋で待ってたのはタルホの方、そこに入ってきたホランドに対して「連れてって、私をさらって・・ホランド」という彼女・・・前後の説明が無いので、いまいちよくわかんないですね。タルホの着てた服(レントンの焦がしたやつ)は、一般兵用の軍服っぽい気がするけど。
ホランドの態度からすると、タルホも絡むことで「逃げたい」ほど重荷になることがあるみたいですけど・・・。レントンの父さんや姉さんに絡む一連の話の一部ってことなんでしょうかね。

オープニングにもチラッと出てる、鼻血少女のアネモネが登場しました。彼女、目や肌の色からするとエウレカと同類なんでしょう。敵側のエースとして登場しそうな気配です。

しかし、あの廃墟にどうやってピザーラの出前頼んだんでしょうね、ドギー兄さんは(^_^;)

公式サイト
ブロードバンド放映

トラックバック先:エウレカセブン レビュアーズ

DVD第1巻は7/22発売!(予約可)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1 UMDスペシャルパック (UMD Video)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 2 UMDスペシャルパック (UMD Video)

劇中によく出てくる本です。
AMAZON(BOOK):初版金枝篇 (上)
AMAZON(BOOK):初版金枝篇 (下)
AMAZON(BOOK):図説 金枝篇
※ 私自身は未読ですが、某作品中での死海文書みたいなもんなのかな?

AMAZON(TOY):交響詩篇エウレカセブン トランスモデル ニルバーシュ

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):DAYS
EDテーマ・・・今期のアニメEDでは一番だと思う
AMAZON(MUSIC):秘密基地

| | Comments (0) | TrackBack (5)

ツバサ・クロニクル 第11話「選ばれたアシタ」

変な球体に閉じ込められて、涙目で「助けて!小狼!」と叫ぶサクラ(とチュニャン)・・・なんか、性格変わったなー性格設定いい加減だなーなんて思ってみてたら、結局秘術で造った偽者だったんだね。「姫はもう小狼とは呼ばない・・・」、気付いた理由がなんとも悲しいです(T_T)
その後、さくらに戻った記憶の断片からも小狼は消されてるところがなんとも・・・。

結局、タンバルの野望は費えるわけですが、キィシムに連れ去られてたっぷりお仕置きされているのかと思うとかわいそうな気がしないでもないですね。あの人、嫌いな人間には手加減しなさそうなので、いっそ死んだ方がマシだったんじゃないのか?
母の仇に対するチュニャンの台詞、「こんなやつ殴る手がもったいない」・・・なんか熱い漢って感じです(^_^;)

密偵衆が、葵のご紋入りの印籠を持ってないと知って落胆するモコナがなんとも可愛かった(^。^)
しかし、その水戸黄門の知識をどこで手に入れたのやら。
いきなり黒鋼に「おそ~い!」と蹴りを入れるシーンもよかったですねー・・・さすがナイスコンビ。

この世界の羽根はどうやって知ったか知らないけど、これ一枚だけ・・・次週は次の世界かな。
あの、怪しげなおっさんとおねーさんが封印(?)してる人間が気になりますね・・・まだ先の登場みたいだけど。

<おまけ画像>カプセル カードキャプターさくら
05-06-19_18-32まあ、「さくら」違いですが入手しましたので・・・。1個300円するけど、かなり気合の入ったつくりです。

公式サイト

DVD第1巻は8/26発売です。(予約可)
AMAZON(DVD):ツバサ・クロニクル Vol.1

AMAZON(MUSIC):NHKアニメーション 「ツバサ・クロニクル」 オリジナルサウンドトラック Future Soundscape I (初回限定盤)

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):BLAZE
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):ループ

| | Comments (2) | TrackBack (3)

SEED DESTINY 第35話「混沌の先に」

前回の衝撃的な最後から、しばらくキラとアークエンジェルは所在不明で引っ張るのかと思ってたけど、いともあっさりと生存を確認できました。
フリーダムの方は、コックピット内のキラが何やらエマージェンシースイッチのようなものを押していたので、非常用の脱出機構(コクピット部から上を切り離す?)のようなものがあったんでしょう。しかし、目の前で脱出されて気がつかないシンって・・・まあ、フリーダムにソードを突き刺した瞬間にイッちゃってたから仕方が無いか(^_^;)
その後の病室のシーンで、「ラクスから託されたフリーダムを失った」とキラは大変落ち込んでいる様子。でも大丈夫、君にはすぐ新しいプレゼントが・・・。
アークエンジェルは、何とか直撃をかわしていたようで、甚大な被害を追ったもののその場からの逃亡には支障が無かった模様です。どうやら無事にオーブまではたどり着けそうです・・・ひねりは無いけど。

フリーダムを撃破して、ミネルバに帰投したシンですが、これがもう絵に描いたような天狗状態・・・意図的にそういう演出してるんでしょうけど見てる方にしてみれば嫌悪感しか感じないところです。思わず、「仇(かたき)さえとってしまえばステラを失った悲しみなんてどうでもよくなっちゃうのか?」と突っ込みを入れたい感じです。まあ、これも日ごろのレイのマインドコントロールの賜物なんでしょうね。そういや、シンが「仇をとった」と言うシーンで、キラに討たれるクルーゼを回想してましたね、レイは・・・レイもキラに対して恨みがあったって表現なんでしょう。

対してアスランは完全に錯乱(少なくともミネルバ艦内の人間から見ると・・・)してしまっています。いたずらに感情を爆発させてしまい、レイの正論に対して言い返すことが出来ませでした。今から思うと、フェイスとしてザフトに戻ってきた時点から、アスランの立ち位置が不明瞭だった気がします。彼はいったいザフトに戻って何をしたかったのでしょうか?・・・正直、アークエンジェルがオーブを脱出した時点であっち側に戻った方が彼の精神衛生上は良かったでしょうね。

どうやらデュランダル議長の演説の後、地球連合内は内乱状態になっているようです。議長の演説の時に名を上げられたロゴスのメンバーが次々と民衆(なのかな?)に襲撃されて表上のロゴスの組織は崩壊状態みたいです。これが議長の目的だったのかとも思ったのですが、「最後のカード」(ディスティニーとレジェンド)はこれから切るので、これからが「チェックメイト」に向けての最後の行動となるのでしょう。(しかし、議長のこの手の台詞、チェス用語に統一した方が良いかも・・・いつも傍らにチェス盤あるし)
もっとも、劇中で皆さんおっしゃっているように、ロゴスとの戦争は容易ではないということは議長も承知のはず。とすると、これは良く言えば「剣を取らせるための大義」、率直に言えば「詭弁(きべん)」であり、そので兵士に行わせることは自分達(コーディネーター)のみに都合の良い世界の創造なのではないかな。

アークエンジェルは、病室少ないみたいですね(ミネルバも少ないみたいですが・・)。ムウとキラが同室です。
ムウの台詞「しかし何やってんだこの船は・・・」・・・ごもっともだと思います。私も彼らの理念くらいはおぼろげにわかるのですが、それがどうして今の行動になるのか・・・誰か教えてください(T_T)
あと、ラミューさんは、ムウの事について少しは心の整理がついたようです。今回は、なんとか真っ直ぐにムウと会話できてました。
「ムウ・ラ・フラガってのは、あんたの何なんだ?」
戦友よ、かけがいの無い・・・でも、もういないわ・・」
・・・ああっ、やっぱり切ないです。

そうそう、今回は久々にイザークとディアッカに台詞がありました。(ファンの方は待ちに待ったことでしょう!)
どこか他人事で、「議長に任せれば上手く行くさ」と言う感じで思考停止してしまっているザフト内の状況を憂いているご様子でした。
今後、本筋に絡んでくるようなことがあるのでしょうか?

次回、「アスラン脱走」・・・ぐふっ。

<おまけ画像1>MSセレクション37
MSSEL1「ディスティニー」は、プラモ意外では最初の立体化かな。後方は、ブラストインパルスです。
それなりにカッコイイかも。

<おまけ画像2>SEEDヒロインズ5
SEDHIRステラはEFコレクションと被っちゃった感じですね。
ポーズは地味だけど意外にカガリは良い出来です。

<おまけ画像3>ちまこれガンダム6
chimaRUNAルナマリアって、セリフ以外はちまこれ5と同じですね。台詞とも合ってない気がするし・・・手抜き?

公式サイト

7/25発売!
AMAZON(TOY):MS IN ACTION!! ストライクフリーダムガンダム
7/25発売!
AMAZON(TOY):コズミックリージョン#7002 フリーダムガンダム
9/25発売!
AMAZON(TOY):コズミックリージョン#7003 ストライクフリーダムガンダム

DVD第5巻は6/24発売・予約可
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 3
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 6
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 8

劇場版「Zガンダム」主題歌!!(発売中・送料無)
AMAZON(MUSIC):Metamorphoze~メタモルフォーゼ~(限定盤)
※ ちなみに映画「星を継ぐ者」(記事)は、公開中です。皆さん、ガンダムの本流を是非観にいきましょう!!

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):僕たちの行方
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):I Wanna Go To A Place..

| | Comments (2) | TrackBack (4)

« June 12, 2005 - June 18, 2005 | Main | June 26, 2005 - July 2, 2005 »