« July 3, 2005 - July 9, 2005 | Main | July 17, 2005 - July 23, 2005 »

July 16, 2005

極上生徒会 第15話「私が此処にいる理由」

ここ数話、私的には非常に楽しく観ています。

確かに久遠って他のメンバーと一線を引いてると思ってだけど、神宮司家の秘密を探るために潜入してきた某機関(ナフレス??)のスパイだったってことですね。・・ってことは、大会社の社長令嬢って設定も偽装なのかな?・・・確か先日、シンディはフランス料理をご馳走になったようですけど。
それにしても、連絡員(?)と一緒に写ってる写真を部屋に置いとくなんて無用心すぎる気はします。もしくは、厳重に隠してたんだけど、みなもの特殊能力(??)で探し出したとかなのか?!

結局、久遠の場合、良くある「ミイラ取りがミイラになる」というパターンでした。全てを知った上で彼女を受け入れてた奏会長の圧勝ってことですね。
きっと、裏社会を生きてきた久遠にとって、宮神学園(極上生徒会)のヌルさ加減が居心地良いんでしょう。ただ、今のヌルい生活も時間制限があるようです・・・20話位から急展開がありそうな感じ。

あと、久遠を縛っているある事情って何なのかな。聖奈さんはどうやら知ってるらしいけどね。
やっぱり、聖奈さんは宮神学園の裏を取り仕切ってる人ですね。隠密も実質的には彼女の指揮下にあるようだし、奏会長の幼馴染ってことは神宮司家の関係者でもあるんでしょう。侮れないというか、一番のワルのような気がします。
聖奈さんの言ってた、琴葉以外の隠密って、ちゃんのような気がします。りのが聖奈さんに呼び出された時に意味深なこと言ってたし、シルエットもどこと無くそんな感じがします。もしかして聖奈さんが、りのを探らせてるのかな?

ピロットちゃん人形(どんな人形だ?)を欲しがったり、趣味がファンシーグッズ集めと久遠にバラされたりと、すっかり奈々穂のイメージが変わってきました。でも、奏会長と2人でいるときは名前で呼び合ったりとか、「神宮寺奏と銀河久遠の友人として・・」とか素敵な副会長さんな感じは崩れてませんね。

りのとれいんが「男の子とくらい付き合ったことある!」(注:ウソ)と言い張るところで、真顔で詰め寄る小百合が怖わ面白かったです。そのあとのシンディの「Don’t cry!」もナイス追い討ちでした。

次回は、琴葉が壁を破るお話のようです。

公式サイト

新EDテーマ(7/21発売・予約可)
AMAZON(MUSIC):極上生徒会 新エンディングテーマ「恋する奇跡」

DVD第1巻は7月21日発売・予約可
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.1
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.2
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.3
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.4
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.5
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.6
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.7

AMAZON(MUSIC):極上生徒会 ドラマ&音楽アルバム VOL.1
AMAZON(MUSIC):極上生徒会 極上ドラマ&極上サウンドトラック VOL.2

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):恋せよ女の子
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):極上生徒会 主題歌 偶然天使

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エレメンタルジェレイド 第15話「大風車の村」

なんか、ちょっぴり観るほうの気合が入らないお話でした。絵もいまいちだったし、ストーリーそのものもあっさりしすぎの感じです。

一番気になったのは、いかにもって感じの3人のならず者はともかく、裏で糸を引いていたカオスクァイアのスティンレイド3人組があまりにも弱かったことかな。仮にもシスカの先輩格であるサンウェルド(とシャルロ)を撃退しているんだから、もう少し頑張っても良かったんじゃないかな・・いくら、クーとレンのシンクロが上がってるとはいえねぇ。アレを見て恐ろしい敵だと言えるシスカ達も目が節穴なような・・・(^_^;)

風を止めるために作った壁を崩そうとするユージンもなん半端な存在だった。彼の頑張りは認めるけど、余計なキャラ増やさずに、レンが一人で壁を壊すために頑張るようなお話にした方が面白く出来たかも。

まあ、とりあえずレンは聞いてなかったけどクーの決意表明(告白?)が聞けたので、それだけのための話ってことで良しとしましょうかね。相変わらず、シスカには彼女に都合の良い部分だけ聞こえてたみたいですが・・・。

次回は、シスカとお仲間の話か?

P.S.
7月から始まった「GUN×SWORD」面白いです・・・こっちに乗り換えようかな(^_^;)

公式サイト
TV東京サイト

AMAZON(MUSIC):エレメンタルジェレイド オリジナルサウンドトラック
AMAZON(TOY):SRDX エレメンタルジェレイド レン

DVD第1巻、7/22発売・予約可
AMAZON(DVD):エレメンタル ジェレイド 1

OPテーマ・・・今期のアニメOPではイチ押し!!
AMAZON(MUSIC):Forever...
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):約束

AMAZON(DVD):エレメンタル ジェレイド アニメ化記念DVD-序唱-〈初回限定生産〉
AMAZON(BOOK):TVアニメーション EREMENTAR GERAD スターターブック

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2005

交響詩篇エウレカセブン 第13話「ザ・ビギニング」

レントンとドミニク、どこか似たような2人の出会いのお話でしたね。
でも、14歳と20歳にしてはそれほど歳の差は感じませんでした。むしろドミニクの方が、レントンにやり込められてた気がします。本当に連邦軍の士官さんなんですかね・・・単にアネモネとの相性の良さで採用されてたりして(^_^;)
でも、仮にも軍人さんなら地図くらいは読めなくちゃマズいんでない??

今回、ドミニクの口からレントンに何かしらコーラリアンのことが伝わるのかと思ったら、この点は意外と口が硬かったですね。むしろ彼自身も、知らないことの方が多いのではないかとも思われます。でも、コーラリアン雲の中で、アネモネとエウレカに出会ったと語るレントンに、「お互いやっかいな女に惚れたな」と言うところを見ると、彼女らが何者かってことについては詳しそうです。それでいて、アネモネにベタ惚れな訳ですから彼は本物ですね。

一方、エウレカとアネモネは、何かリンクしているみたいに苦しんでました。2人が反発しあってるのか、どちらか一方の苦しみを共有してるのか、とにかく何も関係ないってことは無いでしょう・・・っていうか、関係なかったら話が進まないか(>_<)
彼女たちのための薬を取りに訪れた病院で、レントンはコンパクドライブのぬいぐるみを見つめる少女を見かけます。ドミニクによると少女の病気は「絶望病」・・・詳しい内容は不明ですが新しいキーワードですね。

今回もまた、エウレカの救出最優先するホランドとそんな彼を見ていらつくタルホのシーンがありました。
帰ってきた、レントンに夢の中で何を見たのか激しく問い詰めるホランドでしたが、「姉さんに会えた気がする」というレントンの言葉になんともいえない安堵の表情を浮かべます。このあたりにタルホのイライラの原因があるんじゃないかな。
エウレカ抜きでも、レントンの精神に同調するニルヴァーシュ・タイプゼロもそのあたりに関係が??(つまり、姉さんがらみか?)

お互いに名乗ってないのに、ドミニクがレントンンの名前を知ってた訳・・彼も「Ray-Out」の読者だったんですね。あの一見意味の無いようなお使いイベントは、このための伏線だったわけだ。彼の言った、「本当の敵に出会ったのかもしれない」・・敵とはレントンを指してるんだろうから、2人はこの後、お互いの惚れた女の為に争うようになるのでしょうか?

次回は、それぞれの回想といったお話のようです。

公式サイト
ブロードバンド放映

トラックバック先:エウレカセブン レビュアーズ

新OP・ED特集!
新OPテーマ(8/3発売)
AMAZON(MUSIC)):少年ハート
新EDテーマ(7/27発売)
AMAZON(MUSIC):Fly Away

DVD第1巻は7/22発売!(予約可)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1 UMDスペシャルパック (UMD Video)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 2 UMDスペシャルパック (UMD Video)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 3

AMAZON(TOY):交響詩篇エウレカセブン トランスモデル ニルバーシュ
AMAZON(TOY):交響詩篇エウレカセブン Voice I-doll エウレカ
AMAZON(TOY):交響詩篇エウレカセブン Voice I-doll タルホ
AMAZON(TOY):交響詩篇エウレカセブン Voice I-doll レントン

劇中によく出てくる本です。
AMAZON(BOOK):初版金枝篇 (上)
AMAZON(BOOK):初版金枝篇 (下)
AMAZON(BOOK):図説 金枝篇
※ 私自身は未読ですが、某作品中での死海文書みたいなもんなのかな?

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):DAYS
EDテーマ・・・今期のアニメEDでは一番だと思う
AMAZON(MUSIC):秘密基地

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ツバサ・クロニクル 第14話「真実のレキシ」

今回って、作画もよかったし話も良かった気がします。こんな感じで毎回やってくれれば素敵なんですけどね(^_-)
特にサクラ姫に気合が入ってた気がします・・・私の思い入れもありますが。でも、牢から頑張って脱出しようとするサクラは健気で正直惚れ直しました>^_^<

なんだか、単なる偶然ですが、前回の感想で予想したとおり黒幕はカイル先生だったみたいですね。逆に、いかにも黒幕っぽかったグロサムさんは、事件を何とか解決しようと裏で頑張ってる人だったようです。屋敷に忍び込んだ小狼も咎めることなく、逆にカイル先生の持っているのとは内容の違う歴史書を渡してくれたりします。口調は相変わらず厳しかったですけどね。

真実のレキシ・・・それを紐解くキーワードは「忌み言葉」らしいですが、その辺はまだ明かされませんでした。多分、過去の子供たち失踪事件の後には何か幸福な結末があったってことなんでしょうけどね。とりあえず、サクラは子供たちの力で、この世界にあった羽根を手に入れることは出来ましたけど・・・。
あと、なんでカイルが羽根を求めるのかも次回に持ち越しのようです。
今回で全て解決するかと思ったけど、引っ張りますねー。

しかし、モコナ108の秘密技の一つ「超忍び込み」って、このネタずっと続くのかな?
アニメではそんなこと無いと思うけど、原作の連載で勢い余って108を超えたりして・・・・。(原作読んでないですが。)
毎回、カッコイイ台詞を吐く黒鋼ですが、今回も平常心を失っている小狼に「焦るな、見える物も見えなくなるぞ」なんてかっこいいこと言ってモコナに誉められてましたね。

次回、黒鋼の悪事?・・・面白そうです。

公式サイト

DVD第1巻は8/26発売です。(予約可)
AMAZON(DVD):ツバサ・クロニクル Vol.1

AMAZON(MUSIC):NHKアニメーション 「ツバサ・クロニクル」 オリジナルサウンドトラック Future Soundscape I (初回限定盤)

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):BLAZE
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):ループ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

July 10, 2005

SEED DESTINY 第38話「新しき旗」

OPとEDが更新されました。細かい内容は他ブログに譲るとして、タイトルバックはストライクフリーダムだったり、OP最後の中央がキラだったり、EDの最後はキラ&アスランだったりと、主人公機交代というより主人公交代(復活?)と感じました。もちろんシンからキラへですけど・・・。

そんな扱いになってしまったことへのお詫びなのか、余り者同士を単純にくっつけたのか、シンとルナマリアがカップリングされてしまいました。十分予想はしてましたが、やっぱり唐突間が拭えないですし、良くある「傷を舐めあう関係」の典型に感じます。こういうのって、あまり良い方向には行かないような気がしますよね。
あと、「大丈夫、インパルスは絶対俺が守るから」・・・ここは、インパルスじゃなくてルナと言うべきじゃないのかな。まさか、本当にインパルスだけ守ったりしないよね?!

ヘブンズベース攻略の方はというと、デストロイ5機を中心にいきなり総攻撃を仕掛けてきた地球連合軍に戦線崩壊の危機を迎えてしまうザフト軍がちょっとお間抜けでした。降伏勧告の期限切れから総攻撃へってのが、デュランダル議長の美学だったのでしょうが、そういう面に関しては良い意味(かな?)で美学をもたないジブリールの前には通用しなかったということですね。正直、こんなに強い地球連合軍は始めて見た気がします。しかし、どうやって調達したかは考えないけど、デストロイ5機とは豪勢だな・・・さすがロゴス
まあ、そんな連合軍優位の状況もミネルバ所属のスーパーエース部隊、デスティニー(シン)&レジェンド(レイ)&インパルス(ルナマリア)の参戦でいとも簡単に覆ってしまします。この3人にかかれば、復活したスティング・オークレー(生きてた理由とかはスルーです・・)含むデストロイ5機も成す術無く撃破されてしまいました。
自信なさげだったルナマリアもガナーザクウォーリア時代とはうって変わって絶好調、「忘れてたぁ、私も赤なのよ」などと名言を吐いてくれました。でも、出撃前のシンとのシーンと激しいギャップを感じたのは私だけでしょうかね?・・・もう少し静かに熱い台詞は考え付かなかったでしょうか。
そういや、メイリンがいなくなって、ミネルバの出撃アナウンスはどなたがやってたのでしょうか?

その激戦の最中、オーブにあるアークエンジェル一党の秘密基地では、アスランとアークエンジェルクルーが再会してました。しかし、メイリンはともかく、アスランは重傷だったらしくほとんど意味のある言葉は発してませんでしたね。台詞より、キラとアスランの熱い視線交換に友情以上のものを感じてしまった私は、きっといけない人なんでしょう。
アスランが元気になったら、メイリンとカガリの鞘当が見られるのでしょうか。アスランがメイリンに対して責任を感じちゃったり、そんなアスランを見てカガリが身を引いてしまったりなんてのが想像できますね。でもやっぱ最後は、アスラン×カガリで落ち着いてもらいたいです。

ヘブンズベースがザフトの攻撃で陥ちたことを受けてのキラの台詞、「僕たちは何をやってるんだろう・・・世界は・・・」・・・うーん、これって製作サイドの心境を代弁してたりしないよね(^_^;)
私は最後まで、素晴らしい締めを用意してくれていることを期待してますよ!!

最後に至福の表情を浮かべる議長が・・・。

<おまけ画像>
kusuううっ、ネタが無い・・・ってことで「GUNDAM FIX FIGURATION #0025 クスィーガンダム」です。
トンガリ具合が素敵な感じ!

公式サイト

新・OPテーマ(7/27発売・予約可)
Wings of Words (機動戦士ガンダム SEED DESTINY OPテーマ) (初回生産限定盤)

新・EDテーマ(8/3発売・予約可)
君は僕に似ている

7/25発売!
AMAZON(TOY):MS IN ACTION!! ストライクフリーダムガンダム
7/25発売!
AMAZON(TOY):コズミックリージョン#7002 フリーダムガンダム
9/25発売!
AMAZON(TOY):コズミックリージョン#7003 ストライクフリーダムガンダム

DVD第6巻は7/22発売・予約可
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 3
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 6
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 8
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 9

劇場版「Zガンダム」主題歌!!(発売中・送料無)
AMAZON(MUSIC):Metamorphoze~メタモルフォーゼ~(限定盤)
※ ちなみに映画「星を継ぐ者」(記事)は、公開中です。皆さん、ガンダムの本流を是非観にいきましょう!!

| | Comments (3) | TrackBack (3)

« July 3, 2005 - July 9, 2005 | Main | July 17, 2005 - July 23, 2005 »