« August 7, 2005 - August 13, 2005 | Main | August 21, 2005 - August 27, 2005 »

August 20, 2005

BSアニメ夜話スペシャル「まるごと!機動戦士ガンダム」を観ました

19日の夜から放送された『BSアニメ夜話スペシャル「まるごと!機動戦士ガンダム」』途中までリアルタイムで観ました。と、いうのは、第三部の途中で寝オチしてしまったわけで・・・ま、録画してたので後から観直しました。
劇場版のI、II、IIIの感想については、何度も観てるのでここでは割愛します。ただ、IIIの冒頭での戦闘シーンは何度観てもカッコいーですね。「ゼロ方向より高熱源体接近!」「ミサイルか!?・・・スワメルか!」・・・ってね。

第一部 生放送「まるごと!機動戦士ガンダム」
各界のガンダムファン代表ってことで、錦織健さん、福井晴敏さん、品川祐さん、茂木健一郎さんがプレゼンターとして登場。それぞれがガンダムへの思い(好きなシーン)を語ってくれたわけですが、私としては、印象に残る内容も無く何かいまいちな感じでした。濃さが足りないというか、つっこみが弱くどうにも淡白な進行が原因な気がします。司会に友近さんが起用されてる理由も全くもって不明だし・・・ガンダムを全く知らないってのは司会としてどうかと思う。途中から、山崎バニラさんがやや前に出てきたのは緊急テコ入れだったのかな?
それと、繋ぎで2足歩行ロボットを出すのも良いけど、そこまで引っ張るほどのものなのかって思いました。
こんなんだったら、第一部から司会は岡田斗司夫氏にした方が面白かったんじゃないかと思えてなりません。
あと、どうでもいい人にとってはどうでもいい事でしょうが、mkIIはともかく、ストライクガンダムは絶対にいかんと思うのですが・・・。

第二部 富野由悠季ロングインタビュー「富野、吠える!」
それほど吠えて無かったですね、監督。むしろずいぶんと穏やかに語ってたと思います。ここは、インタビュアー(里 匠アナウンサー)が上手かったんでしょうかね。
シャーっと現れるからシャアと命名したとか、スピルバーグとルーカスを黙らせたいとか言ってたのを覚えてます。あと、ガンダムは全然社会現象になってない、ごく一部が騒いだだけとも言ってましたね。これは、監督の貪欲さが現れたんだと思いましょう。
富野監督の話は、聞いててヒヤヒヤしますが、最高に面白いですね。ここで、第一部の失敗を幾分取り戻した感じです。

第三部 「BSアニメ夜話スペシャル 激論!モビルスーツ」
岡田斗司夫さん、板野一郎さん、江川達也さん、土田晃之さん、野田篤司さんと進行の里匠アナウンサーで、いつものアニメ夜話形式での討論でした。テーマはモビルスーツってことですが、江川さんががなり立てる声が一番印象に残ってます(寝オチした原因の一つかも・・・)。もう少し、他人の意見も聞いた方がいいですね。正直、他の人たち困ってましたよ・・・。そのせいかどうか、土田さん影薄かった気がします・・・芸人なのに(^_^;)
野田さんの現状の宇宙開発とガンダムの関連性みたいなところの話は結構面白かったです。ハロ、作って欲しいですね。

正直、期待してた内容よりは数段落ちる気がしましたが、これだけの企画をやり通したという部分を評価しましょう。もし第二弾(映画は劇場版Z三部作?)やるなら、今回の反省を元により良い番組を期待します。

公式ページ

<追伸>劇場版ZガンダムIIのキャストについて
最近、なにやら劇場版ZガンダムIIのフォウ役の声優交代について前任の島津冴子さんがご自分のホームページに掲載なさった記事が物議をかもしているようです。(興味ある方は、ご自分で調べてみてください)
私の意見としては、何故、島津さんがあのような執念深い記事を書いて、ご自分の晩節を汚すような真似をしたのか理解に苦しんでいます。素直に悔しかった気持ちは解りますが、それで何をどうしたかったのでしょうかね・・・彼女の真意はどうあれ、私にはただ事体をめちゃくちゃにするために書いたとしか思えません。
ファンへのメッセージであれば、「劇場版のフォウ役で諸般の事情により私に声がかからなかったことは大変残念ではありますが、新しく選ばれたゆかなさんは私以上に演じてくれると思いますので皆さん応援してあげてください」とだけ書いておいた方が大人の対応だったし、彼女の評価も今以上に上がったことでしょう。
まあ、要は作品の内容で勝負って事だと思うので、こういった情報に惑わされず、私はZIIに期待しています。(少なくとも予告編では違和感感じなかったですけどね)

劇場版Z・・10/28発売!
AMAZON(DVD):機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
AMAZON(BOOK):Z BIBLE「機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者」完全ドキュメント

AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム I 特別版 【劇場版】
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム II 哀・戦士編 / 特別版 【劇場版】
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編 / 特別版 【劇場版】

AMAZON(DVD):機動戦士Zガンダム Part I ― メモリアルボックス版
AMAZON(DVD):機動戦士Zガンダム Part II ― メモリアルボックス版
AMAZON(DVD):機動戦士Zガンダム Part III ― メモリアルボックス版

AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム ZZ Part-I
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム ZZ Part-II
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム ZZ Part III ― メモリアルボックス版

AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

AMAZON(DVD):機動戦士ガンダム F91

AMAZON(DVD):機動戦士Vガンダム DVDメモリアルボックス

AMAZON(DVD):ターンAガンダム 1 地球光
AMAZON(DVD):ターンAガンダム 2 月光蝶

| | Comments (5) | TrackBack (0)

『劇場版 ×××HOLiC 真夏ノ夜ノ夢』&『劇場版 ツバサ・クロニクル 鳥カゴの国の姫君』(ついでに「皇帝ペンギン」)を観た

公開初日に『劇場版 ×××HOLiC 真夏ノ夜ノ夢』&『劇場版 ツバサ・クロニクル 鳥カゴの国の姫君』を観てきました。(場所:MOVIX橋本
自覚症状は無いのですが、なんだかんだで私はCLAMPファンのようです。古い話では劇場版「X」(同時上映が目当てだった気がしますが・・何だっけ?)も観に行ったし、カードキャプターさくらの劇場版の1作目も観にいきました。え・・やっぱ、まだまだですか?
お客さんは、中高生の女の子ばっかりなのかと思ってたら意外と20代以降の男性も多かった気がします。CLAMPっていろんなファン層がいるんだなと感心してしまいました。

上映順は「ツバサ」->「HOLiC」でした。実はこの上映順にちょっとした意味があったりするのですが、ここでは伏せておきましょう。ヒントは「鍵」です・・・ちなみに私はHOLiCの序盤で気付きましたけどね。

ツバサは、ちょっと雰囲気が違うけど、TVのスペシャル版(番外編?)みたいな感じで観ることが出来ました。所々な作画もあったりしましたが、さすが劇場版というようなシーンでは、キャラが結構ぐりぐり動いててよかったです。そうそう、衣装もTV版より凝ってました、特に黒りんかな。
樽の中でドッキドッキの小狼とサクラも観れたし、小狼の無謀ともいえる後先考えないアクションもカッコ良かったしで満足できる内容でした。あと、知世姫も可愛い綺麗(!?)だったですよね?

HOLiCの方は、全く予備知識無く観たのですが、内容には苦労せずついていけました。ツバサからの情報は少しありましたけどね・・・。
怖い女性なのかと思ってた侑子はかなりのお茶目さんだし、四月一日(ワタヌキ)と百目鬼(ドウメキ)の掛け合いも可笑しかったし十分楽しめる内容でした。あとは、冒頭と最後にちょこっと出て来たヒマワリちゃんが気になるところですね・・・何か特殊な力があるようですが。
ちょっと思ったのですが、侑子って美人な喪黒福造(もぐろふくぞう)ってことでいいのかな?・・・ちょっと違うか(^_^;)

両作品とも100%劇場版クオリティだったかと問われると答え辛いところもありますが、内容は十分お金出して観にいく価値があると思います。正直、思ってたより楽しめました。
あと、冒頭に機動戦士Zガンダム2~恋人たち~の予告編が流れたのでちょっと得した気分です。

P.S.「皇帝ペンギン
時間がぴったり合ったので、こっちも連続で観てしまいました。
正直なところ、微妙に予想してたものとは違いました。最小限のナレーションだけある無声映画みたいなものを勝手に予想していたのですが、皇帝ペンギンのお父さん、お母さん、赤ちゃんに声が充てられていてそれぞれの台詞みたいなものが結構頻繁に入ってました。これは賛否分かれるところじゃないかなと思います。私も全部ではないのですが、部分的に邪魔だなと思えるシーンがあったように思います。
でも、酷寒の過酷な状況で子を産み育てる皇帝ペンギンの生態の凄まじさは伝わってきたし、若干の感動も覚えました。
多分これは、親子連れで観にいくような映画なのかな。皇帝ペンギンの親子関係と自分たちを重ね合わせて観ると考えるところもあるんじゃないでしょうか。

<おまけ画像>
先着?名がもらえるペンケースです。実用には耐えないかな・・・。
tsubasa1tsubasa2

HOLiC&ツバサ公式サイト
皇帝ペンギン公式サイト

劇場販 ツバサ・クロニクル 関連商品
主題歌
AMAZON(MUSIC):アムリタ 牧野由依
オープニング
AMAZON(MUSIC):aerial キンヤ

劇場版 ×××HOLiC 関連商品
AMAZON(MUSIC):劇場版xxx HOLiC 真夏ノ夜ノ夢 オリジナル・サウンドトラック

| | Comments (2) | TrackBack (3)

SEED DESTINY 第44話「二人のラクス」

ついに、ジブリールの手によって地球連合の秘密兵器である反射衛星砲(仮)「レクイエム」が炸裂しました。正確には「反射」ではなくって「屈折」みたいでしたけどね。強力な磁界で粒子(どんな粒子やねん!ってツッコミは無しね・・・ま、電荷を持つ粒子なら磁界で屈折できるでしょう)を屈折させるんですかね。
しかし、一度に数機のコロニーの外壁を切り裂く威力は圧倒的でした。久々に活躍したイザーク(ジュール隊)の頑張りで、偶然にしても首都直撃を免れたのはプラントにとっては幸い(それでも数万人規模の被害はあったと思いますけど・・・)というべきでしょうか。でも、今のままでは直ぐに2射目が来ると思うのですが、それまでに全ての反射衛星(仮)を破壊することは可能なのかな。これには、長期的な利害関係を抜きにしてアークエンジェルやエターナルも協力するような気がします。
でも、ジブリールって、自分では「自分の意思」で行動してると思ってるみたいだけど、周りに踊らされる事が多いですね。今回もレクイエムを守ってた指揮官のヨイショにのせられてたような・・・。

シンは、(レイの巧みな誘導もあって・・)レクイエムの発射を止められなかった責任は、ジブリールを捕らえ損ねた自分たちにあると思い込んだようです。で、自分たちがジブリールを捕らえ損ねた原因を作ったのはアークエンジェル、ザフトを裏切ったアスランやフリーダムであると・・・。こうなると益々、和解への道は遠のいてしまったような気がします。この調子で最後に収拾つくのかちょっと心配です。
ただ、冷静に考えれば、ジブリールが撃たなくても、追い込まれれば別の「誰か」が撃ったんじゃないかって気はしますけど。

全くもってミーアのせいではないのですが、彼女の対オーブ演説は失敗に終りました。ただ役割を演じるだけのミーアに対して、「我々はもっとよく知らねばなりません、デュランダル議長の真の目的を」と強いメッセージを送ったラクスを世間的にも本物と感じたようです。そのことを感じ取った議長は、偽ラクスであるミーアを民衆から隠す方法を選んだようですね。でも、隠すなどと生易しい方法ではなく、直ぐに証拠隠滅を図らなかったのは、命取りになりませんかね。「用済み」のレッテルを貼られたと気付いたミーアがどんな行動をとるのか、興味深いです。

アークエンジェルに集まった人々によって「ディスティニープラン」の全貌が明かされました。ただ、彼らがいつの間にそこまで断定できる情報を仕入れたのか疑問に思ったりはしますけど・・・特にアスラン。まさか、あのノートのメモ書きだけでそこまで推測できるとは思えないんですけど(^_^;)
何はともあれ、ディスティニープランは、ほぼ私の思ってた通り「遺伝子レベルで完全に人類を管理する」計画のようです。強制的な遺伝子操作によって必要なスキルをもつ人間を必要なだけ生み出し、その生み出された人間は社会の部品となり与えられた仕事を黙々とこなす、議長はそういった世界を標榜していると思われます。
対するアークエンジェルサイドとしては、これにただ反対するだけではなく、何故ディスティニープランが目指す世界が「いけない世界」なのかということを全世界に示す必要があると思います。半分騙されてとはいえ、民衆の大半が自らディスティニープランの方向への進化を望むのであれば、それを無理やり阻むのは「悪」ということになってしまいかねませんね。
自称、「諦めの悪い」アスランの知的な活躍を期待しましょう。

メイリンは、すっかりアークエンジェルに馴染んじゃってますね。ガッツポーズですからね(^_^;)
姉さんの心配も知らずに呑気なものですが、何となく幸せそうなので許してあげちゃう気分です。でも、まだ彼女の前でアスランとカガリの関係をはっきり示唆するようなシーンは無いですね。もしかして、ラストが修羅場ってことは・・・無いですね。

あと数話という状況で、かなり混沌としてますが、果たして八方丸く収まるんでしょうか???
(”天才”福田監督のウルトラCが炸裂することを期待しましょうかね)

<おまけ画像>
inf-jasGFLEX phase-4」のインフィニットジャスティスを入手しました。背後のストライクフリーダム同様、ちょっと物足りない塗装ですね(^_^;)

公式サイト

AMAZON(TOY):MS IN ACTION!! ストライクフリーダムガンダム
AMAZON(TOY):コズミックリージョン#7002 フリーダムガンダム
9/25発売!(予定)
AMAZON(TOY):コズミックリージョン#7003 ストライクフリーダムガンダム

DVD第6巻は8/26発売・予約可
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 3
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 6
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 8
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 9
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 10
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 11
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 12
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 13

OPテーマ
Wings of Words (機動戦士ガンダム SEED DESTINY OPテーマ) (初回生産限定盤)
EDテーマ
君は僕に似ている

| | Comments (4) | TrackBack (16)

ツバサ・クロニクル 第18話「にゃんことワンコ」

久々の放送でした。なんか、これまでのお話を忘れかけてたりして・・・。

何故か、同業者や情報屋に有名人な小狼達でしたが、原因は住民登録の時につけた名前のようです。字がわからないから絵で描いたという事で、黒鋼は「おっきいワンコ」、小狼は「ちっちゃいワンコ」、ファイが「おっきいにゃんこ」、サクラが「ちっちゃいにゃんこ」だそうです。ま、黒鋼は大激怒なわけですが・・・。モコナは人間じゃないから住民登録は不要だったんだっけ・・・なんかそういうネタがあった気もする。

サクラは、過去の小狼との関係を思い出そうとするとプロテクトが働いてしまうようですね。でも、思い出そうとするたびに目まいがしてしまうのでは不便ですね・・・これからも、あんな健気な小狼と一緒にいれば想いがどんどん募ってしまって、過去を思い出そうとする回数も増えるのは必然でしょう。
過去には拘らず、未来に向かって生きよう!!・・なんてことになるのかな?
差し入れのフォンダンショコラに見返りを要求するような侑子だから、お目こぼしは無いだろうしなあ(>_<)

いつものようにピンチになる黒鋼とファイ、カフェで二人っきり(モコナもいるけど)でお留守番の小狼とサクラにも危機が迫ってるようです。

公式サイト

DVD第1巻は8/26発売です。(予約可)
AMAZON(DVD):ツバサ・クロニクル Vol.1
AMAZON(DVD):ツバサ・クロニクル Vol.2

AMAZON(MUSIC):NHKアニメーション 「ツバサ・クロニクル」 オリジナルサウンドトラック Future Soundscape I (初回限定盤)

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):BLAZE
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):ループ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

August 19, 2005

極上生徒会 第20話「あゆちゃん、アイドルになる」

前々から何か怪しいと思ってた歩でしたが、やはり隠密メンバーでしたね。私は、りのが委員長に当選したときから確信してましたが、途中でも妙に事情通だったりとか匂わせる演出は所々にありました。
結局、抜け忍だったのを奏会長に拾われたってことのようですが、くノ一をやめた理由が、「普通の女の子のように、オシャレしたり甘いもの食べたりとかしたい」ってのが極上生徒会らしいですね。普通じゃない人が普通の青春を楽しむところというコンセプトのようですから。

アイドルにスカウトされた歩なわけですが、あのスカウトされた場所ってどこなのかな。宮神学園があるのは、かなり田舎の町だと思ってたんだけど、まるで都内のような繁華街でした。放課後のちょっとした買い物で、電車に乗ってお出かけしたりするのでしょうか?
ま、田舎町でアイドルのスカウトなんかやってないと思うから、無理やりにでもそういうシチュエーションにするしかなかったんでしょうけど・・・。

いろんな裏の事情もあって、歩のアイドル活動を極上生徒会が全面支援することになったわけですが、一番の理由がジャ○ーズ系アイドルを紹介してもらいたいからってのは・・・ねぇ。しかも、一番積極的なのは奈々穂だったりして・・・。歩を追ってきた弟もグラビアアイドルを紹介してもらう約束で味方してくれることになっちゃうし。皆さん、ミーハー過ぎます。
歩が忍者装束を拒否したせいで、アイドルデビューは取り消しで、皆様の野望も泡と消えてしまいましたけど・・・。
「宇宙怪獣エイリアン」(だっけ?)の再演を見せられたお客さんも災難だけどね・・・。

次回は、れいんの過去話。普段、明るい娘なだけに暗い過去がありそうです。

<おまけ画像>
puchankonamistyleで購入した「ハンドパペット プッチャン」です。
腹話術の練習でもしようかな。


公式サイト

新EDテーマ
AMAZON(MUSIC):極上生徒会 新エンディングテーマ「恋する奇跡」

AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.1
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.2
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.3
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.4
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.5
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.6
AMAZON(DVD):極上生徒会 Vol.7

AMAZON(MUSIC):極上生徒会 ドラマ&音楽アルバム VOL.1
AMAZON(MUSIC):極上生徒会 極上ドラマ&極上サウンドトラック VOL.2

OPテーマ
AMAZON(MUSIC):恋せよ女の子
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):極上生徒会 主題歌 偶然天使

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エレメンタルジェレイド 第20話「擬煌珠」

「ただの石ころでも、当たれば痛いのよ!!」・・・最後の意地でカオスクァイアの幹部を道連れにフィロは致命傷を負ってしまいます。クーとレンの癒しの唄(?)で、「もしや?」と思いましたが、現実はそう甘いものではなく、ひと時の甘い夢を見た後息を引き取りました。
フィロが登場してから、締まった話が続いていただけに惜しい人を無くしましたね。やっぱ、2人キリのアツアツを見せられるよりは、強力なライバルを挟んでの三角関係の方が見てて楽しいです。
でも、フィロは信じたみたいだけど、スティンレイドをエディルレイドに変えるなんてこと本当に出来るのかな?

それにしても自分からキスしに行くなんて、レンも大胆になったもんだな・・・ちょっとガッカリ(>_<)
あんまり安売りするもんじゃあないぞ!!

20話を越えたということで、そろそろ話をまとめにかかるころですね。
興味としては、本当の悪はカオスクァイアなのかアークエイルなのかといったとこでしょうか?

公式サイト
TV東京サイト

DVD第2巻、8/24発売・予約可
AMAZON(DVD):エレメンタル ジェレイド 1
AMAZON(DVD):エレメンタル ジェレイド 2〈初回限定版〉
AMAZON(DVD):エレメンタル ジェレイド 2
AMAZON(DVD):エレメンタル ジェレイド 3

OPテーマ・・・今期のアニメOPではイチ押し!!
AMAZON(MUSIC):Forever...
EDテーマ
AMAZON(MUSIC):約束

AMAZON(DVD):エレメンタル ジェレイド アニメ化記念DVD-序唱-〈初回限定生産〉
AMAZON(BOOK):TVアニメーション EREMENTAR GERAD スターターブック

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2005

SEED DESTINY 第43話「反撃の声」

今回も盛り沢山な内容でした・・さて、何から書いたものか(^_^;)

流石のキラもディスティニーとレジェンドの連携攻撃の前では苦戦気味・・・今まさに撃たれようとした瞬間に復活のアスランが助けに入りました。
で、ここからシンに対してアスランの熱い説得が始まります。
「思い出せシン、お前は本当は何が欲しかったんだ!」
「その怒りの本当の意味を知らないまま戦っては駄目だ!」
正直、どういう方向で説得するつもりなのか、いまいちつかめなかったりしますが、「銃口を向ける相手を間違えている」ということを解らせたかったのかな。かといって、いまだ絶対悪ではない議長を討てとも言えないだろうから、「今、戦うこと自体が間違ってる」かな。
そして、種割れアスラン、ディスティニーの右腕を獲りました・・・もしかしてシンに対してはキラより強いのか?
アスランに対して「死に損ないの裏切りものがぁ!!」と言うレイ、キャラ違ってる・・・。あと、フリーダムに対しても根の深そうな恨みを示してますね。レイが今後の展開のキーになると思えてなりません。

一方、ミネルバとアークエンジェルの熾烈な戦い、有視界での戦艦同士の殴り合いなんてとても近代(未来?)戦とは思えませんが、迫力はありましたね。完全に失念してるけど、CE世界にもミノフスキー粒子みたいのがあってレーダーは使用不能だったけかな・・・とりあえずニュートロンジャマーは関係ないですよね。(訂正:大ありでした・・・お恥ずかしい)
あと、海に潜ったアークエンジェルには本職の潜水艦でも敵わず、空中のミネルバからも攻撃できない。だったら、ずっと水中から攻撃をすればよかったと思ったりする私は邪道なのでしょうか。もしかして、今のアークエンジェルは宇宙に上がる機能を捨てて、潜水に特化した改装がされてたるするのか?!

落ちてきたグフに潰されユウナあっけなく退場・・・用無しキャラに対する扱いは非常ですね。生きてても、今後出番なさそうだし・・・。
そんなユウナを待たずに宇宙へ上がるシブリール、運良くインパルスの攻撃が逸れたおかげで無事脱出できました。でも、真っ直ぐ飛ぶしか能が無いシャトルへの攻撃をあの距離で外しちゃいけないよねルナマリア、仮にも赤でしょ(>_<)
ジブリール脱出のおかげで、戦闘を継続する理由が無くなったザフトが撤退、タリア艦長見事な引き際でした。しかし、何の成果も上げずに撤退したことを責めない議長が何気に不気味です。何か良からぬ考えがありそう・・・。

ラクスとキラが仲よくする様子をな感じで見つめるメイリン、どうやらラクスとアスランの関係が続いていないことを確信したご様子です。カガリとの関係を気付いてるかは微妙だけど、やはり、なにやら行動を起こしそうな予感がします。
全ての事情を知りつつ、甲斐甲斐しく看病するメイリンを微笑ましく見守るキラとラクスって、ある意味大物だろうか・・・。

で、最後の演説合戦・・・どういう理屈かわかりませんがコロコロと映像元が変わります。あの裏には、それぞれハッカー部隊がいて、衛星回線の奪い合いでもやってたのかもしれないですね。
当の演説ですが、カガリの演説はミーアの妨害で尻切れトンボ、ミーアの主張は今までのものの焼き直し・・・来週のラクスの演説に注目といったところでしょうか。
ただ、オーブにラクスがいることに驚くデュランダル議長・・・じゃあどこに彼女がいると思ってたのか教えてもらいたいところです。まさか、先日のエターナル襲撃作戦が失敗したの知らないわけじゃないでしょう。

マリューさんとムウはなにやら良い雰囲気になってしまいました。
はっきり記憶が戻ったわけではないけど、いろんなところが彼女を覚えているんだそうです・・・妄想。
しかし、なぜネオ・ロマノークとしてファントムペインを率いることになったかの説明は最後まで無しですか?
まあ、お二人が幸せならいいけどね(^_^;)

完全スルーも気が引けるので例の黒い三連星ですが、あの3人組って強化人間だったりしないですかね?
なんか、言動からそんな感じを受けます。どっかの研究所から助けてもらった恩義でラクスに尽してるとかだったりして・・・。もっと早く出してれば、いろいろいじれたキャラかもしれないですけどね・・・惜しい。

来週は、ジュール隊が活躍しそうです・・・するよね?

<おまけ画像>
sfreeコンビニで見つけたラムネ付のストライクフリーダム」です。一応、着色済みとのふれこみですが、なんか物足りない・・・。

公式サイト

AMAZON(TOY):MS IN ACTION!! ストライクフリーダムガンダム
AMAZON(TOY):コズミックリージョン#7002 フリーダムガンダム
9/25発売!(予定)
AMAZON(TOY):コズミックリージョン#7003 ストライクフリーダムガンダム

DVD第6巻は8/26発売・予約可
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 3
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 6
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 8
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 9
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 10
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 11
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 12
AMAZON(DVD):機動戦士ガンダムSEED DESTINY 13

OPテーマ
Wings of Words (機動戦士ガンダム SEED DESTINY OPテーマ) (初回生産限定盤)
EDテーマ
君は僕に似ている

| | Comments (2) | TrackBack (4)

« August 7, 2005 - August 13, 2005 | Main | August 21, 2005 - August 27, 2005 »