« November 6, 2005 - November 12, 2005 | Main | November 20, 2005 - November 26, 2005 »

November 13, 2005

最近観た映画

ここ一ヶ月で観た映画たちを簡単に紹介します。

「機動戦士ZガンダムII 恋人たち」
別記事で紹介してますので、こちらをご覧ください。
公式サイト

「この胸いっぱいの愛を」
飛行機事故にあった主人公を含む4人の登場人物が、想いを残した過去に戻ってしまうお話です。
主人公を軸に進むお話も感動的なのですが、他の3人の話にもそれぞれ涙を誘われました。意外と扱いが地味な盲導犬とか植木鉢のお話が良かったりします。
結局最後は悲しいラストなのですが、期待し過ぎずに観れば、清々しい気分になれると思いますよ。
公式サイト
AMAZON(MUSIC):「この胸いっぱいの愛を」オリジナル・サウンドトラック

「チャーリーとチョコレート工場(吹き替え版)」
感動的なストーリーではないですが、普通に面白かったと思います。どちらかといえば、子供達に見せるための教訓話なのかなって気もしますね。
もう上映末期に行ったので、吹き替え版しかやってなかったのが残念です。歌とかはオリジナルで聞きたかったかも。
公式サイト
AMAZON(MUSIC):チャーリーとチョコレート工場 オリジナル・サウンドトラック
AMAZON(DVD):チャーリーとチョコレート工場

「ALLWAYS 3丁目の夕日」
公開初日に行きました。
私の生まれる十数年前(昭和33年)のお話なのですが、なんともいえない懐かしさを感じました。それと同時に、未来に希望を抱き、貧しくても夢を持って生きる人々に羨ましさも覚えました。
また、短い時間の中で、多くの登場人物を描き、皆が主人公級にキャラが立っているのが素晴らしいです。
一番感動したのは、プロポーズのシーンですかね。不況とは言われるものの、物が溢れる今やったら彼女に殴られてしまいそうですが、「明日は今日よりも良くなる」と信じていたあの時代ではあれで許されるし、感動的なのだと思います。
全ての人に観てもらいたい良作ですが、特に普段映画とか観ない実際にその時代を生きた人に観てもらいたい気がします。(もしかして、今の10代の子たちが観てもピンとこなかったりするのかな?)
ちょっぴり勇気をもらった気持ちになれる映画です。
公式サイト
AMAZON(MUSIC):ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t
AMAZON(DVD):ALWAYS三丁目の夕日

「ティムバートンのコープスブライド」
あまり、前勉強しないで観にいったのですが、前編がコマ撮りのクレイアニメだったみたいです。多少はCGも使ってるのでしょうが、映像だけでも見てみる価値はあります。いろいろなキモい死体が面白いかな・・・。
話自体は、普通な感じかもしれないです。つまらなくは無いけど、胸がわしづかみって程のものでもなかったかも。
公式サイト
AMAZON(MUSIC):Tim Burton's Corpse Bride [Original Motion Picture Soundtrack]
AMAZON(DVD):ティム・バートンのコープス・ブライド

| | Comments (2) | TrackBack (1)

交響詩篇エウレカセブン 第29話「キープ・オン・ムービン」&30話「チェンジ・オブ・ライフ」

1週とんでしまったのでまとめてしまいます。(先週は、ZガンダムIIの記事を書いたから・・・)

エウレカが人型コーラリアンだということがタルホの口から明かされました。個人的には、「まあ、普通に考えたらそんなもんだろう」って感じで特にびっくりってことは無かったですね。明かし方も何か事件が元で発覚するのかっと思ってたけど、あっさり説明だけだったし。
もう1つ予想通り、レントンは予想通りエウレカが何であろうと想いを貫き通すってことでしたね・・・普通にびっくりはしてたけど。ここで、ショック受けて考え込んじゃうようではレントンじゃないですけど。
エウレカの秘密を知ることでレントンとエウレカの距離はより縮まった感じです。

月光号は、ニルバーシュの改装のため、ニルヴァーシュとエウレカにゆかりのある研究所へと立ち寄りました。軍の研究所だということだけど、元々軍への帰属意識が薄いようで、あっさりとニルヴァーシュの改装を引き受けるところがなんとも・・・。その一方で、アゲハ部隊向けのコーラリアン攻撃用地表貫通爆弾(?)を開発しているところが何というか・・・技術者らしい節操の無さですね。この研究所、政治的な思惑は無いようだけど、ガンダムで言う「アナハイム・エレクトロニクス」に相当しやしないだろうか。

タルホとミーシャの意味深な会話、最初はタルホが妊娠してるってフリなのかと思ったけどどうなのだろうか。その後の髪を切って昔の(?)制服に着替えたタルホを見ると、今後の戦いへの単に決意を促しただけにも思えるけどね。まあ、ここでホランドとタルホの子供ネタを出す余裕は無い気もしますけどね・・・万が一、もし妊娠だとすれば
ホランドの死の複線のようにも感じたりして。
でも、イメチェン後のタルホってちょっと地味になった気が・・・。エウレカは帽子を取って正解なんだろうけど・・傷跡もだんだん消えてきてる気がします。

次回、ニルヴァーシュの改装が終了。
本格的な、戦闘の開始でしょうか?

公式サイト
ブロードバンド放映

新OPテーマ
AMAZON(MUSIC):太陽の真ん中へ
新EDテーマ
AMAZON(MUSIC):Tip Taps Tip

AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1 UMDスペシャルパック (UMD Video)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 1
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 2 UMDスペシャルパック (UMD Video)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 3
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン UMDスペシャルパック 3
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 4
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン UMDスペシャルパック 4
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 5
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 5 UMDスペシャルパック (DVD + UMD Video)
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン6
AMAZON(DVD):交響詩篇エウレカセブン 6 UMDスペシャルパック (DVD + UMD Video)

AMAZON(TOY):交響詩篇エウレカセブン トランスモデル ニルバーシュ
AMAZON(TOY):交響詩篇エウレカセブン Voice I-doll エウレカ
AMAZON(TOY):交響詩篇エウレカセブン Voice I-doll タルホ
AMAZON(TOY):交響詩篇エウレカセブン Voice I-doll レントン

劇中によく出てくる本です。
AMAZON(BOOK):初版金枝篇 (上)
AMAZON(BOOK):初版金枝篇 (下)
AMAZON(BOOK):図説 金枝篇
※ 私自身は未読ですが、某作品中での死海文書みたいなもんなのかな?

第1期OPテーマ
AMAZON(MUSIC):DAYS
第1期EDテーマ
AMAZON(MUSIC):秘密基地

第2期OPテーマ
AMAZON(MUSIC):少年ハート
第2期EDテーマ
AMAZON(MUSIC):Fly Away

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« November 6, 2005 - November 12, 2005 | Main | November 20, 2005 - November 26, 2005 »