« January 30, 2005 - February 5, 2005 | Main | February 13, 2005 - February 19, 2005 »

February 12, 2005

サムライチャンプルー 第21話

結局のところ、ムゲンもジンも沙羅に勝つことが出来なかったですね。最後、ムゲンに斬られたのも、人質に取られていた子供の死を知った上での「自殺」のようなものでした。お互いの間合いに入らねばならない剣の戦いにおいて、相手の動き(気配?)を完璧に読めるんですから沙羅さん最強です・・しかも得物のリーチ長かったですし(^_^;)
思うに、公儀(幕府?)はムゲンやジンを狙ったのではなく、フウが長崎に行くのを阻止したかったのではないでしょうか。しかも、フウを殺すわけにはいかないように感じます。裏に何かあるのかな?・・・どんでん返し、楽しみにしてます。

あと、ジンを助けたマタギの人って宮本武蔵のままにしとけば良かったのにね・・・「なーんちゃって」は余計だったかな。どうせ、設定はメチャメチャなんだからそれぐらい良かったと思う。まさか、再登場したりして?

今回、もっと瞽女歌のシーンあるかと思ったけど思ったより無かったな。
次回こそ長崎入りでしょう・・・あと残り5話だよね?

公式サイト(リニューアル?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ライド教習5~7日目 XG(Cross Gate)

ライド教習5~7日目は、4日目の地のクリ欠けに引き続き、クリ欠けお使いシリーズで単調だったのでまとめて掲載します!

5日目・・・水のクリ欠け3個
ride5_1ride5_2ride5_3

6日目・・・火のクリ欠け3個
ride6_1ride6_2ride6_3

7日目・・・風のクリ欠け3個
ride7_1ride7_2
この日だけちょっと展開が違って、クリ欠けはコレが最後と言われます。
ride7_3ride7_4

さて、さて、さて・・・次は何?第一段階最後なの?
今日はココまで!!

最初のライド教習記事(2日目から)
クロスゲート公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2005

カレイドスター 全51話

キッズステーション(CS)で放送していたのを観ていたのですが、昨日最終回を迎えました。
本放送は、2003年4月3日(木)~2004年3月27日(土)と1年間かかったようですが、CSでは月~金の毎日放映だったので2ヶ月ちょいでイッキに観てしまいました。

感想としては、何もかもが素晴らしかったです。
本放送やってる頃に、「結構評判が良いなあ・・・」程度には私のアンテナに引っかかってはいたのですが、「どうせ女の子がキャーキャー言いながら媚びを売る作品だろう」ぐらいに思って見逃していました・・・いや、「キャーキャー・・」が嫌いなわけではないですけど(^_^;)
観終った今、何故かバトルアスリーテス大運動会を思い出してしまいます・・・反対意見もあるでしょうが。

まあつまり、観始めたら最初のイメージは吹っ飛んでしまったわけで、「汗と涙の体当たり青春ストーリー」だったわけです。笑いあり涙ありで、1話も無駄な話が無かった気がします。
脇を固めるサブキャラ陣もそれぞれにキャラが立っててそれぞれに共感できました。ディアボロ使いのロゼッタや、マリオン&ジョナサンなんかも要所要所を締めてくれてました。

この作品、主人公のそらの「やってやれない事はない。やらずに出来たら超ラッキー!やるとなったらやるしかない!ない!ない!!」と言ったようなウルトラポジティブな頑張りにも確かに惹かれます。(定番の語尾を3回繰り返す言い回しもナイス演出!!)
ただ、私はもう一人の主人公とも言えるレイラ・ハミルトンに惚れました。この作品、孤高の天才レイラがそらの協力で様々な呪縛から解き放たれ更に高みを目指すお話でもあったと思っています。最終話で、そらの「まだ私はレイラさんので良いんですよね?」と聞かれて、「違うわ・・・あなたは、私の誇りよ」・・・んー、カッコイイ!!(観て無い人は何のことかわからんですね・・・)

あと、ケンとそらの色恋物語にしなかったのは、かなり評価しています。これやってたら、テーマがバラバラになったでしょうからね。
ずっと、そらに気付いてもらえず、片想いで終ってしまうケンはかわいそうだと思いますが・・・。

OVAで発売された52話も是非観たいです。
フールが見えるようになったロゼッタが気になるところです・・・キッズステーションでやらないかなあ(-_-)

公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふたつのスピカ(地上波放送) 第2話

地上波放送を観ているわけではありませんが、便乗して感想書いちゃいます!
・・・以前書いた記事が結構閲覧されてるようなので(^_^;)

第1話に引き続いて泣き話です。
ちなみに第1話は、アスミの独白にやられました(T_T)

この回の泣き所は、アスミのお父さんの台詞・・・
「俺にはコレがあるからな・・・アスミの夢は父さんの一番の宝だ・・」
のところです。
私は、まだ父親になったことはありませんが、お父さんのこの気持ち痛いほどわかります。
ああ・・また涙腺がゆるく・・。

あと、ライオンさんの
「おやじさんが許せなかったのは、自分の夢を素直に語れなくなったおチビちゃんの姿だったんじゃないかな・・・」
コレも良い台詞です・・・ちょっと我が身を振り返ったりしてしまいます(>_<)

次回から宇宙学校編です。
でも、時々アスミの幼少時代の話が挟まれつつ話は進んでいきます。このたまに挟まれる過去話がかなり良かったりするんですが・・ここだけ抜粋したDVDが出てるくらいです。

ちなみに、TV放送は4:3サイズですがDVD版は16:9サイズだったりします。BS放送の時に録画したのと比較したら確かに左右に今まで見えてなかった物が見えたりしてます・・・ほんのちょっとの差ですけどね。

トラックバック先: 「ふたつのスピカ」のトラックバックサイト

公式サイト

AMAZON:ふたつのスピカ 特別話集

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続・バレンタイン色々 XG(Cross Gate)

昨日、下駄箱を探し回ったわけですが、単なる見落としでした(^_^;)
ザンクトハルマにあるパブ「コノハナサクヤ」に入ってすぐのあたりにしっかり鎮座してました。

getaまあ、コレが「ルビの下駄箱」なわけですが、どうやらチョコを入れるらしいです。ただ、複数のチョコを持った状態だと駄目で、1つだけ持った状態にする必要があります。

motisaruで、無事にチョコを入れるとこんな選択を迫られます・・・。人のものを持ってくのは良くないだろうと思い、そのままにしときました。良かったのかな・・・?

ちなみにチョコを入れるのは、男性キャラでもOKでした。
で、結局何が起きるの??

公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2005

JINKI:エクステンド 第6話

青葉のかあちゃん(静花)は、悪役を演じてた訳じゃなくって、根っからの悪だったんですねえ・・・でも、なんとなく広世が撃たれるのは予想してましたけど。
広世って、青葉の噛ませ犬として育てられたんでしょね。で、ツメのところで青葉に懐柔されかかったので、計画を修正したんでしょう。広世、あんないい加減(料理はレンジでチンだし・・)に育てられても、静香に母性を感じてたようでした・・・青葉に惹かれたのも静花の面影を見たからっぽい演出もされてましたし・・・。
さてさて、広世の死で青葉はダークサイドへ転がってしまうのでしょうか?

で、一方の3年後、今回はいつもより長めだった気がします。
3年後の青葉の思い付きって、さつきを痛めつけて赤緒を引っ張り出すって事だったのかな?・・・案の定、出ざるを得ない感じになってきましたし。
ここの青葉を見るとダークサイドっぽい感じしますねぇ・・・表情もきつい感じだし。
ただ、私には3年後の情勢が未だに見えて来ません(^_^;)

あと、現太の連れ戻った赤緒そっくりの娘は、南に「わかなさん」と呼ばれてましたね・・現太は肯定してませんでしたけど。南の態度からして、恋敵?
まあでも、私としては、南とのと言うよりは、赤緒との因縁が気になるところです。もしかしたら、まんまが記憶無くして3年後に出てきてたりするのかな?

この作品、全体に細かいカットの繋ぎ合わせみたいな構成になって感じがするけど、シーン間がやや飛びすぎな気がします。視聴者の想像に任せると言ったところなのでしょうが、吉と出るか凶と出るか・・・私的には、今のところはOKですけどね。

P.S.
ルイは3年後もあまり変わってないなあ・・・。

公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2005

バレンタイン色々 XG(Cross Gate)

クロスゲートでは毎年バレンタインのイベントがあります。
毎年あまり参加してないので、ほぼ初めてまともに周ってみました。

とりあえず定番のチョコ販売なのですが、ファンブルグのエオウィンの菓子屋(216.148)で行ってるようなので行ってみることにしました。

05020901しかし・・・男キャラで出かけたら却下されてしまいました(^_^;)
出直しです・・・。

05020902気を取り直して女の子で話し掛けてみます。
6種類のチョコがあるようです。
10G~20000Gまで色々あります。

説明するのが面倒なので詳細は以下の画像を見て下さい・・・手抜きでスイマセン。
050209030502090405020905

050209060502090705020908

あと、バレンタインにあわせて月替りのグリーティングカードも更新されているみたいです。ザンクの冒険者の宿で1枚50Gで販売してるので、チョコと一緒に気になるあの人にあげましょう・・・ちょっと引きそうなデザインばかりですが(>_<)
050209090502091005020911

そして、お友達のそふぃーさんから、パブ「コノハナサクヤ」に下駄箱なるものが出来ると聞いたので行ってみたのですが良くわかりませんでした・・・今度一緒に来てもらおう(^_-)
05020912ただ、大同激剣士なる人に皆さん盛んに戦いを挑んでおられるのを発見ました。(下駄箱の代わりなのか?)
なにやら称号がもらえるようなのですが・・・良くわかりません。

まあ、今度誰かと一緒に来て戦いを挑んでみればわかりそうなので・・・今日はこの辺で終わり!

トラックバック先: サクラふぁーむ「メンテとライドの装備」

クロスゲート公式サイト
AMAZON:クロスゲート・オールインワンパック

| | Comments (2) | TrackBack (0)

スターシップ・オペレーターズ 第6話

前後編の後編です。

自分の正体(スパイ)を告白したのも束の間、あっさりとレンナがお亡くなりになってしまいました。も少し、印象に残るエピソードを挟んだ後だと、もっとぐっと来たと思うのですが・・・人を撃つ事にビビッてしまったアキホをかばう行動と台詞はカッコ良かったです。(カッコ良すぎてココにはとても書けません・・)
今後、レンナの遺志を継いだアキホの奮起に期待します。このまま潰れちゃう可能性も無いとはいえませんが・・。

前回は、舞台設定がいまいち良くわかってなかったのですが、レンナ&アキホは軌道エレベーターの宇宙側みたいなところにいたってことかな?レンナ達も含めて皆で宇宙ステーションみたいなところにいるのかと思ったら、レンナ達は明らかに惑星上にいたのでちょっとビックリしました。いや、皆で宇宙側に逃げりゃいいじゃんとか思ってたもので・・・。

あと、住民がデモしてる理由も良くわからなかったんだけど、どうやら王国が宣戦布告してきたことに抗議するデモだったんですね。でも、すぐ横では政府軍とクーデター軍が戦闘していると言うのにシュウの国民は肝が据わってます(^_^;)
ストーリー上、シュウの国民がアマテラスの味方ってことの説得力を出すために必要な演出だったんでしょうね。そうでないと、人質3人(キスカ、リオ、タツマ)を解放するとこまで行かないですからね。

最も腑に落ちなかったのが、何故あそこでキスカとリオがくっついてしまう必要があったのか・・・なんか、リオにはもう少し鉄の女でいて欲しかった気がする。「異常な状況で結ばれた男女って長続きしない」ってなんかの映画の台詞でたあったな・・・。まあ、キスカ君次第でしょう(>_<)

やっぱ、あの宇宙にはスーパーな携帯通信ネットワークがあるに違いないと確信した今回のお話でした・・。
次回・・・えっ、なんかシュウ編がまだ続きそうじゃない?

公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2005

月詠 18話

いきなり、マルミ堂炎上から8ヵ月後です・・・葉月が双子巫女の光と薫と一緒に、厳島神社みたいなところで修行(?)しています。
でもなんで双子まで来てるのか??・・・エルフリーデさんが退場した分の補充でしょうか?(大人の事情・・・)
いやまあ、吸血鬼たちの手が彼女たちまで及ぶのを恐れた、あるいは薫が耕平のところに行きたがった、等々理由は色々ありますね。

爺ちゃんとエルフリーデは、やっぱ死んでしまったのかな?・・・いちお仏壇みたいのがあって葉月が花を供えてました。まあ、あの日逃げ出して以来、俗世間とは接触してないようだし、まだ不明と言うことで良いでしょう。やはり、成児がカギとみた!

耕平は霊力を高める修行のために山篭りしているようで、期間限定でしか会いにいけないようです。その日がやってきたようで、葉月はお約束の赤いランドセル背負って会いに行きます。結局、耕平の試験に利用されただけのような気がしますが・・・。耕平、愛する(?)葉月のためなら力を使えるようになったみたいです。
意外だったのは、結果的に二人を更に近づけることになりそうな試験に薫が協力してたことかな。モジモジしながらも、耕平は譲らないっ!!って健気に頑張ってたような気がするのですが。何か考えがあってのことかな?

次回、耕平と葉月は二人っきりで山の中・・・

公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2005

ライド教習4日目 XG(Cross Gate)

ライド教習四日目に行ってきました。
こんども何か要求されるのかなと思いつつ下調べ無しで出発です!

4day_1例によって、翔象の背に乗ってキュステまでひとっ飛び・・・。

4day_2船着場で知り合いのトキさんと偶然に出会い、クジラ船で仲良く座ってヒンメルキントへ!
トキさんはあと四日くらいでライド免許取得の見込みだそうです。

そんな感じで、ハリヤマ教官のところに到着して話し掛けたのが以下の内容・・・。どうやら地水火風それぞれのクリ欠けを集めることになりそうだ。
4day_34day_4

で、まずは地クリ欠けを3個だそうです。親切にも入手方法までアドバイスしてくれます・・・。
4day_54day_6

まあ、でも地クリ欠けの10や20は持っているのが常識(?)で、横の銀行係から引き出してすぐに渡しました。
4day_74day_8

次も24時間後か・・・。
今日はココまで!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2005

ああっ女神さまっ 第5話

三嶋さん、螢一に対してずいぶん丸くなっちゃいましたねぇ・・。私としてはもう少し、ベルダンディーへのライバル心むき出しでアタックし続けてくれたほうが面白いのですが。と、いうか、能登麻美子の声って三嶋さん向きなのでしょうかね・・・もうちょっとヒステリックな声出せないと難しい気がします。

話の内容としては、延々と螢一ののろけを聴かされたって感じでしょうか。当の本人としてはマジメな悩みということなのでしょうが、視聴者としてはベルダンディーが螢一のこと嫌いなわけ無いじゃんとか思ってみてたりして。まあ、契約で無理やり繋ぎとめているという罪悪感の表れなんでしょうね。
実際、ベルダンディーの螢一に対する想いは、まだ「恋愛」ではない感じですけどね・・・いづれ、そうなるのかな?

今回のTVシリーズ構成が良くて、原作ファンの人も好きなんではないかなと思います。ちなみに私は原作未読なのですが・・・。

公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 30, 2005 - February 5, 2005 | Main | February 13, 2005 - February 19, 2005 »